移動平均法と総平均法のメリットとデメリットについて

仮想通貨の確定申告の税金計算にあたり、移動平均法と総平均法の違いとそれぞれを選択した場合の具体的なメリットとデメリットについて説明しています 福岡の税理士 佐藤修一公認会計士事務所

仮想通貨の確定申告に会計freeeが対応へ

確定申告ソフトのクラウド型のfreeeがCSVデータの取り込みで仮想通貨の自動損益計算機能がリリース 月額980円なので格安で確定申告を行えます bitFlyerとbitbankの2つの取引所が対応しています

2018年01月21日 仮想通貨の税金について

仮想通貨の確定申告をしない場合のペナルティーについて

仮想通貨を申告しない(無申告)とどうなるのか、そして税務調査が入った場合のペナルティーはいくらの金額になり、どのような税金がかかるのかについて説明しています 福岡の税理士 佐藤修一公認会計士事務所

ICO時の仮想通貨とトークンの税金の取り扱いについて

仮想通貨に関する国税庁の発表を踏まえ、ICO時の仮想通貨とトークンの確定申告時の税金の取り扱いや株式発行との共通点とその違いについて説明しています 福岡の税理士 佐藤修一公認会計士事務所

仮想通貨の再投資は確定申告の対象となるのか

確定申告時の仮想通貨の再投資、円ベースでの利確分だけで申告できるのか、含み益に対して税金がかかるのか、海外取引所への預け入れの場合など最近質問をいただくことが多い税金の取り扱いについて説明しています 福岡の税理士 佐藤修一公認会計士事務所

仮想通貨の取引間の利益と損失を相殺できるかどうか

国税庁から発表をベースに確定申告時に仮想通貨同士の損益通算、相殺できるか、給与などのプラスの他の収入と合計、相殺して税金計算することができるかどうかについて説明しています 福岡の税理士 佐藤修一公認会計士事務所

ビットコイン(仮想通貨)の交換の場合の確定申告の注意点

確定申告時のビットコインをアルトコイン(仮想通貨)で購入する場合やアルトコイン同士を交換する仮想通貨の交換の利益、所得、税金の計算方法について分かりやすく説明しています 福岡の税理士 佐藤修一公認会計士事務所

仮想通貨の年収別の税金早見表

年間20万円を超えるビットコインなど仮想通貨の利益がある方(100~1000万円)のサラリーマンの方の年収400万円、500万円、600万円、700万円、800万円、900万円、1000万円の方別に所得税と住民税の税金の計算の早見シートを掲載しています

ビットコイン(仮想通貨)を売買した場合の税金の計算方法

サラリーマン年収500万円の20万円を超えたビットコイン利益に対する(仮想通貨)の税金はいくらになるのかについて、どのタイミングでかかるのか、確定申告の方法などについて分かりやすく説明しています 福岡の税理士 佐藤修一公認会計士事務所