2大クラウド会計アプリ、freee(フリー)とMFクラウド会計のどちらか導入してみようか‥

最近、freee(フリー)とMFクラウド会計の導入についてご質問をいただく機会が増えてきました。

正直、既存のオフラインの会計ソフトに慣れているせいか、当時は、いずれも「使いずらい」との印象でした。

本格導入から2年が過ぎ、機能面の改善が進み、弊所も慣れてきたせいか、freee(フリー)とMFクラウド会計ともに同じくらいの数で利用しており、業務になくてはならない会計ソフトになりました。

共に長所、短所それぞれあると感じています。

freee(フリー)とMFクラウド会計を選ぶ際の基準について考えてみました。

freee(フリー)とMFクラウド会計いずれも機能面でどん改善しており、連携アプリの数もどんどん増えており、より便利になってきています。

freee(フリー)とMFクラウド会計ともに、経理を行うためのアプリですが、別途追加で給与計算機能、請求書作成機能、経費精算機能、マイナンバー管理機能があり、これらと経理を連携することができます。

給与計算、請求書、経費精算を踏まえ、freee(フリー)とMFクラウド会計を検討するかと思いますが、最も重視すべきは、会計ソフトとしての機能になるかと思います。

よって、まず、freee(フリー)とMFクラウド会計の経理ソフトとしての機能面での違いについて比較してみます。

MFクラウドとfreeeの機能面の比較

MFクラウドとfreeeの機能面での大きな違いは、「入力方法」、「クレジットカードの連携機能」、「請求書発行機能」になります。

入力方法の比較

まず、1つの目の入力方法についてですが、預金、クレジットカードの処理については、大きな違いは無く、クラウド会計の最大の長所ですが、非常に簡単に入力することができます。

日付、金額、入出金内容、取引内容を一つ一つ入力する必要が一切ないからです。

勘定科目もAIが働き、自動で推測してくれます。

但し、預金の自動取り込みは、どの預金口座でも自動取り込みを行うわけではなく、インターネットバンキングを利用している口座のみとなっています。

 

大きな違いは、売掛金や買掛金や給与などの仕訳を入力する際になります。

MFクラウドの売掛金や買掛金や給与などの入力画面は以下のようになっております。

振替伝票形式で、会計ソフトになじみのある方、経理経験者にとっては、分かりやすい入力画面となって、実際、入力しやすい仕様です。

一方、freeeの売掛金や買掛金や給与などの入力画面は以下のようになっています。

 

 

入力項目に「借方」「貸方」がありません。

経理経験者の方にとって、最初はびっくりだと思います。

一方、簿記の知識が必要ないので、経理未経験の方にとっては、入力しやすい項目となっています。

 

クレジットカードの取り込み機能の比較

2つ目のクレジットカードの取り込み機能ですが、MFクラウドもfreeeもクレジットカードを自動取込を行うことができる点では変わりありません。

異なるのは、自動取り込みを行うタイミングです。

MFクラウドの場合、クレジットカードの明細を利用後、MFクラウド側ですぐ取得することができるので、翌月初には、前月のクレジットカードの利用明細をMFクラウド上で経理処理を済ませることが可能です。

freeeの場合、クレジットカードの明細をクレジットカードの引き落とし額が確定し初めて、freee側で取得することができるので、クレジットカードの引き落とし額の確定後でしか、freee上で経理処理を行うことができません。

よって、クレジットカードの経理処理を前月の利用明細を翌月月初に行うことができないので、クレジットカードの利用が多く、金額が大きい方にとっては、freeeの場合、月次処理が遅れてしまうことになります。

個人的には、この点がfreeeの最大の欠点だと感じています。

 

請求書作成機能の比較

MFクラウドの場合、MFクラウド会計と請求書作成機能が別アプリとなっています。

請求書機能を使う場合「MFクラウド請求書」に登録する必要があり、以下のような料金プランとなっています。

 

取引先登録無制限プランだと、月額2,980円(税抜)、年額32,780円(税抜)となっています。

ここまでがMFクラウドの請求機能です。

 

ここからがfreeeの請求機能についてになります。

freeeの場合、請求書作成機能が会計ソフトに組み込まれていますので別途料金が発生することはありません。

請求書を作成した時点で、自動で売上の仕訳が登録され、入金時には、自動で請求書とマッチングし、回収チェックを行うことができます。

ただし、個人事業主のミニマムプランでは、請求書機能を利用することはできません。

 

MFクラウド freee
特徴 ベーシックな会計ソフト
初期設定が楽、慣れるまで時間がかからない
従来の会計ソフトと仕様が大幅に異なる
慣れるまで時間がかかるが、初期設定をきちんと行い、慣れれば使いやすい
他の会計ソフトからの乗り換え
他の会計ソフトから乗換しやすいよう設計
経理未経験者にとっての使いやすさ
簿記の知識をベースとした入力方法

簿記の知識が無くても入力できるよう設計
仕訳推測機能
完全自動仕訳機能
全くの操作不要で仕訳を作成することができます
×
分析機能 試算表・月次推移分析・前期比較・部門管理可能 MFクラウドと同様分析可能
加えて取引先別、品目別、プロジェクト・案件別の利益管理が可能
外貨PayPal連携
eBayセラーの方におすすめ
×
連携・データ取得スピード 預金・クレジット・タブレット型POSレジエアレジ・ユビレジ・スマレジ等)連携
即日データ取得
預金・クレジット・タブレット型POSレジエアレジ・ユビレジ・スマレジ等)連携
預金・POSレジは即日データ取得可能
クレジットは、カード会社の締日後に取得
請求書作成機能 ×
但し、MFクラウド請求書アプリ(別途料金)を使えば〇

個人事業主:プレミアムのみ
法人:ベーシック、プロフェッショナルのみ
経費精算機能 ×
MFクラウド経費アプリ(別途料金)を使えば〇
確定申告書作成・電子申告
消費税申告書作成 ×
個人事業主プランはスタンダード以上のみ
特におすすめの業種 飲食店、不動産業、建築業、EC 飲食店、IT・WEB関係、フリーランス、EC

 

以上のようにMFクラウド、freee同じクラウド会計ですが、細かい点でかなり異なります。

実際には、機能面でもっと異なる点がありますが、専門的になりすぎるのでここでは割愛いたします。

会計ソフトを導入するにあたっては、重視する機能もそうですが、業種、事業規模、お金の動き方、経理をする方の経理経験、自社の経理体制、インターフェイスなど様々な点を考慮する必要があるかと思います。

ここまでが機能面での比較です。

次に、料金面の比較してみます。

MFクラウドとfreeeの料金比較

MFクラウド会計とfreeeの料金表になります。
月々支払うより、年間料金を一括で支払う方が安くなります。

部門会計を利用しない場合のおすすめのプランを以下の表に入れていますが、部門を利用する場合には、おすすめプランの上位プランに登録する必要があります。

 

 会計機能 freee(フリー) MFクラウド会計
個人事業主プラン ・スターター
月額1,058円、
年額10,584円
・スタンダード(おすすめ)
月額2,138円、
年額21,384円
・プレミアム
年額42,984円
・ベーシック(おすすめ)
月額864円、 
年額9,504円
・あんしんサポートベーシック
年額18,576円
法人プラン ・ミニマム(おすすめ)
月額2,570円、
年額25,660円
・ベーシック
月額5,162円、
年額51,580円
・プロフェッショナル
月額51,580円、年額515,808円
・ライト(おすすめ)
月額2,138円、
年額23,522円
・ベーシック
月額3,218円、
年額35,402円

 

料金面では、MFクラウドの方が安いと思います。

さらにMFクラウドは、MFクラウド会計、MFクラウド給与、MFクラウド請求書、MFクラウド経費、MFクラウドマイナンバーの5つを1セットにしたお得なバリューパック(個人月額2,980円~、法人月額3,900円~)もあるので、料金的にはMFクラウドだと思います。

しかし、料金面の違いがものすごく大きいかと言えばそうでもありませんので、やはり、導入の際に一番に重視すべきは、機能面だと思います。

機能の違いが細かい点で多く比較が難しいのが現状です。

MFクラウド会計もfreeeも一緒に導入を検討するのが給与計算機能だと思います。

この給与計算機能は、会計アプリと同様非常に使いやすく、業務を効率化できるツールだと思います。

 

MFクラウド給与と人事労務freeeの比較ページはこちら

 

そして、機能面で改良がどんどん進んでいます。

結局は、インターフェイスの好みで決めるケースあるかと思います。

弊所では、MFクラウド会計、freeeほぼ同じくらいの数で使っているので、もし、MFクラウドかfreeeかで導入で悩んでいる方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談下さい。