ICO時の仮想通貨とトークンの税金の取り扱いについて

仮想通貨に関する国税庁の発表を踏まえ、ICO時の仮想通貨とトークンの確定申告時の税金の取り扱いや株式発行との共通点とその違いについて説明しています 福岡の税理士 佐藤修一公認会計士事務所

仮想通貨の再投資は確定申告の対象となるのか

確定申告時の仮想通貨の再投資、円ベースでの利確分だけで申告できるのか、含み益に対して税金がかかるのか、海外取引所への預け入れの場合など最近質問をいただくことが多い税金の取り扱いについて説明しています 福岡の税理士 佐藤修一公認会計士事務所

仮想通貨の取引間の利益と損失を相殺できるかどうか

国税庁から発表をベースに確定申告時に仮想通貨同士の損益通算、相殺できるか、給与などのプラスの他の収入と合計、相殺して税金計算することができるかどうかについて説明しています 福岡の税理士 佐藤修一公認会計士事務所

2018年01月03日 確定申告・税金

H29年分の確定申告受付中

ビットコインなど仮想通貨取引のある方、初めての確定申告、投資不動産や太陽光を購入した方、freeeやMFクラウドを導入した方、輸出、輸入を行っている方など、平成29年の確定申告でお悩み、ご不安な方、福岡市の税理士による無料の相談会を行っております。

ビットコイン(仮想通貨)の交換の場合の確定申告の注意点

確定申告時のビットコインをアルトコイン(仮想通貨)で購入する場合やアルトコイン同士を交換する仮想通貨の交換の利益、所得、税金の計算方法について分かりやすく説明しています 福岡の税理士 佐藤修一公認会計士事務所

2017年12月14日 確定申告・税金

太陽光の消費税課税事業者選択届の届け出期限と記載例について

太陽光の設備費用にかかった消費税還付を受けるために消費税課税事業者選択届があります 届出の提出期限や初年度の書き方、記載例を解説しています 福岡の太陽光に強い税理士 佐藤修一公認会計士事務所

2017年12月12日 確定申告・税金

西日本シティ銀行様の社内勉強会講師を務めさせていただきました

福岡市、北九州市の西日本シティ銀行様の創業融資の担当者様向けにfreee(フリー)やMFクラウド(マネーフォワード)などクラウド会計の機能や導入メリットについて社内勉強会を開催 福岡の税理士 佐藤修一公認会計士事務所

仮想通貨の年収別の税金早見表

年間20万円を超えるビットコインなど仮想通貨の利益がある方(100~1000万円)のサラリーマンの方の年収400万円、500万円、600万円、700万円、800万円、900万円、1000万円の方別に所得税と住民税の税金の計算の早見シートを掲載しています

ビットコイン(仮想通貨)を売買した場合の税金の計算方法

サラリーマン年収500万円の20万円を超えたビットコイン利益に対する(仮想通貨)の税金はいくらになるのかについて、どのタイミングでかかるのか、確定申告の方法などについて分かりやすく説明しています 福岡の税理士 佐藤修一公認会計士事務所

太陽光で法人成りした場合の国保メリット

個人事業主の方が太陽光売電設備を購入し、社会保険に加入し国民健康保険料、国民年金を削減する方法について説明しています 太陽光に強い税理士 佐藤修一公認会計士事務所