中原 健治(なかはら けんじ)

未来会計コンサルタント

はじめまして。
佐藤修一公認会計士事務所の中原と申します。
初めてお会いした方には見た目で若いですねとよく言われます。
見た目との年齢差は5歳以上あるようです。

大学卒業後は在学中にバイトをしていた延長で福岡の飲食店で働きました。

その後、税理士試験の勉強を始め、働きたい税理士事務所を探すため東京に上京しました。

運良く働きたい事務所を見つける事ができ、5年間働きましたが家庭の事情によりやむなく退職をし、地元福岡に戻ってきました。

これまでのキャリアもあって、売上5000万円~3億円規模の中堅・中小法人の飲食業・美容業のお客様に対してのサービスに一番自信があります。

福岡に戻ってきてからは個人のお客様を多く担当させていただいており、現在のお客様にあった弊所独自のサービスを構築中です。

一般的には税理士といえば…
「正しく申告、税金が多ければ節税の相談」といったイメージを持たれます。
しかし、私自身は税金の申告業務のみがお客様への貢献だと考えておりません。

きちんとした税金の申告を行うことは、税理士事務所の業務として当たり前のことだと考えております。
税金の申告のみならず、経営者やこれから事業を始められる方の様々な経営相談に相手になれるよう目指しております。

会社の数字を見ることができる職業は税理士だけです。
多くの中小企業・個人事業主の方は経営面で悩みを抱えていらっしゃいますが、
経営コンサルタントにお金を払えるほど余裕はありません。

経営の悩みに関して会社・事業主様が毎月支払われている税理士への顧問料で解決できるようになるのが私の30代の目標です。

麻上 智史(あさがみ ともふみ)

会計コンサルタント

佐藤修一公認会計士事務所の麻上と申します。
名前の読み方はアサガミです。
出身は長崎県佐世保市です。
全国的に見ると福岡県古賀市に同じ性の方が少数ですがいらっしゃるようです。

そんな縁ある福岡へ来る前は鹿児島におりました。
大学時代のアルバイトの延長で飲食店で働き、その後小売業、製造業、税理士事務所、建設業経理と多くの仕事に携わらせてもらいました。
このバラバラな経験が、今では面白いように繋がりとても役に立っています。
税理士業界経験としては途中5年ほど空いておりますが、7年目に突入しました。

私自身、何が得意だと声を張り上げるほどの分野はないのですが、お客様のお困り事を一緒に考え、一緒に解決することに大きな喜びを感じます。

月次の締めが遅い、自社の数字の見方がわからない、という会計面の問題から、資金繰りが厳しい、売上が伸びない、人が定着しない、などの戦略・戦術面の問題まで幅広くお悩みを頂戴しております。

答えは一つではなく、お客様ごとの解決策があります。
その解決策を見つける為には、お客様の声をしっかり聴き、現場をこの目で見ることが第一であると考えます。
お客様自身が気づいていない問題部分の掘り起こしを行うことで、望まれる組織形態への変化を能率的・効率的に行えるような提案をさせていただくことが理想です。
お客様より勉強させていただくことも多々あると思います。
コミュニケーションを積み上げていき問題解決へと繋げます。

弊所には様々な長所を持ったスタッフがおります。
この頼もしいスタッフと一丸となってお客様のお力になれるよう頑張っていきたいと思います。

山下 真司(やました しんじ)

会計コンサルタント

はじめまして。
佐藤修一公認会計士事務所の山下真司です。
福岡県出身で趣味はスポーツをする事・観る事・知る事です。
昔はバスケットボールに明け暮れ、スポーツ選手になる事が夢でした。
はじめてお会いするお客様には身長で驚かれます。大きい方です。

「お客様と共に創り上げ、共に喜びを分かち合う。」
そういった思いからこの業界に入りました。
私はこれまで多くの人たちに支えられ、多くの経験をさせていただきました。
これからは私自身がこの仕事を通して誰かの支えになりたいと考えています。

現在、ネットショップの経営者をメインにお手伝いさせていただいております。
ネットビジネスのトレンドの流れが速く、取引形態は、非常に多岐に渡りますので、追いつくのが大変です。
そんなネットショップの経営者の方のためお役にたてることはないかを考えながら日々勉強中です。
その中でも、お客様から頂ける感謝の一言が私にとっての生きがいです。

好きな言葉で
「自分自身がこの世で見たいと思う変化になりなさい。」
があります。

今の自分より明日の自分が、一年後、十年後の自分が大きく成長できるように 、また、お客様と共に大きな変化を起こせるように今日も全力で頑張っています。

福島 功(ふくしま いさお)

公認会計士試験合格者

初めまして、佐藤修一公認会計士事務所の福島と申します。
私は、専門学校の夜間に通い、一般企業に勤めて、働きながら公認会計士を取得いたしました。
この会計、税務業界の道に進んだ理由は、今まで唯一、自分が得意だと思えた簿記に高校の頃に出会ったことがきっかけです。

まず、会計系の最高峰資格である公認会計士を目指しはじめました。
勉強スタート当初は、ぼんやりとしたモチベーションでしたが、
勉強を進めるにつれ会計の奥深さにどっぷりと入り込み、この業界に進むことを決意しました

今の仕事は自分がずっと勉強してきたことがお客様の役立つ業務に直結しており、色々な方に感謝されることにやりがいを感じます。

正直、まだまだ分からないことが多く、法改正の多い業種なので、大変なことは多いですが、様々な業種の方と出会えるのは、この仕事の醍醐味だと思います。
今の事務所を選んだ理由は、まず、第一に会計をメインにしている事務所だったことと現金を残す経営について学べると思ったからです。
通常の税理士事務所だと税務業務が大半で、実際に経営に役立つ提案をすることは難しいのかなと思います。
所長が公認会計士であり、経営者の方に税金計算や利益だけの提案だけではなく、
現金をしっかり残して、経営を行うことの大事さを説いているので、中小企業にとって資金繰りの大事さを日々痛感しております。

今後の目標は、会計が税務申告の目的ではなく、本来の目的である経営に活かすことの重要性とその方法を経営者の方々に少しずつでも伝えることを行っていきたいです。
お客様と話をして感じることは、会計、税務の分野の言葉や表現が非常に専門的で難しく、拒否反応を示す方が多いのが現状です。

そして、まだまだ、大企業と異なり、中小企業において会計の分野は、発展の可能性が非常に高いと考えております。
企業をお金という尺度で分かりやすく色々な比較を行っていくことで、企業の実態を把握することができる専門家になりたいと考えております。

 

光武 利昭(みつたけ としあき)

IT WEB担当
freee導入・活用アドバイザー

初めまして。
佐藤修一公認会計士事務所の光武と申します。

人と接することが好きで営業職をやっておりましたが、
勤務先に税務調査が入った際活躍する税理士の姿を見て、
「もっと経営者に近い所でサポートしていきたい」と決意し、
未経験の税務・会計方面へ進むことを決めました。

会計事務所の仕事というものは漠然としか想像出来なかったのですが、
実際に働き始めてみると恥ずかしながら本当にわからないことだらけでした。
しかし、弊所の特徴として、
「新人はとにかく質問をすること」
というように質問することが推奨されており、
わからないことがわからないということがなく、
毎日新しい知識が増えていく日々を過ごしております。

商品を提供して喜んでいただくのとはまた違った形になりますが、
お客様のことを親身になって考えるというのは同じであり、
自分が今何が出来るのか、どういう風に成長していったらいいのかと、
やりがいだらけで毎日が楽しく、
この仕事について本当によかったと思っております。

数ある会計事務所の中で弊所を選んだのは、中小企業の経営者の方々に対し、
よりわかりやすくより近い視点でサポートしていくことを強く意識していたのと、
クラウド会計ソフトを導入しており、
今後ますます発展していくであろうネットの分野にも力を入れていたからです。

税務・会計というのは多岐にわたり膨大な知識が必要になる上、
それをお客様にわかりやすく説明して経営に役立ててもらうというのは難しいのですが、
先輩方の姿を見ていると、私も早くこうなりたいと強く思います。

佐々木 敏雄(ささき としお)

税理士試験合格者

 

はじめまして。
佐藤修一公認会計士事務所の佐々木と申します。
福岡県小郡市の出身で趣味は読書・ランニングです。
休日は大濠公園を走っています。

学生時代は経済学部・会計系のゼミに所属し、バイトに明け暮れていました。

数字は、時にはどんな言葉より説得力を持つように感じています。

数字を扱ってお客様に関わる仕事をしたい、自分自身一念発起をしないといけないという想いから、税理士試験の勉強を始め、この業界に入りました。

数多くの事務所から弊社に入社したのは、事務所の雰囲気です。
若い事務所なので活気があるとともに、常にスタッフがお客様や事務所に対して自分は何ができるのだろう?自分の役割は何だろう?と模索していました。
この事務所で私自身、会計人として、一人の人間として成長していけると感じました。

まだまだ会計業界に入って、日が浅く一つ一つの全ての仕事が勉強です。
事務所のスタッフと出会った縁、お客様との縁、これから出会うであろう人たちとの縁に感謝します。ただ、これらの縁を良縁にしていくのは自分自身だと感じます。
会計人・一人の人間として、お客様・事務所に対して何ができるのかを模索しながら、努めていきます。

鹿毛 杏介(かげ きょうすけ)

会計税務スタッフ

 

はじめまして。
佐藤修一公認会計士事務所の鹿毛と申します。
私は高校を卒業後、博多区の飲料会社で約5年間働き、佐藤修一公認会計士事務所に入所しました。

この業界へ進んだ理由は、私はもともと数字に触れることが好きで、高校生の時に触れた簿記の魅力に惹かれたからです。
そして「未経験でも学びながら働ける環境」に魅力を感じて弊所を選びました。

働き始める前は会計士事務所って何をするんだろう?と何もわからないまま入所しました。

働き始めてからも、やはりわからないことばかりでしたが先輩たちの仕事に対する姿勢を見ながら、
質問・相談を繰り返しており、毎日、勉強になることばかりです。

前職とは全く業種が異なり、何もわからない状態で入社しましたが、
実際、税理士事務所で働き始めると、お客様のことを考えながら仕事することは前職と同じだと感じました。

そして、まだ短い期間ですが、働いていて、ひとつ嬉しいことがありました。
小売業のお客様で在庫管理に悩んでいる方に、エクセルで在庫表を作ってお渡ししたのですが、

「市販されている在庫管理アプリより使いやすい」と喜んでいただきました。

小さなことかもしれないですが、お客様の役に立てた実感があり、「これからも頑張ろう!」という気持ちになりました。

今後は先輩たちを見ながら、勉強や仕事を積み重ね、税務・会計・経営のことで、

どんなこと小さなことでもお客様の役に立ち「この人なら大丈夫」と信頼していただけるようになること今後の目標です。

矢野 晴菜(やの はるな)

会計税務スタッフ

 

初めまして、佐藤修一公認会計士事務所の矢野です。
私は大学卒業後、新卒で入所しました。
社会人1年目でわからないことが多くある中、先輩方に色々教えていただきながら日々頑張っています。

私は、実家が美容室を経営しており、幼いころから経営の苦労を目の当たりにして育ってきました。

そして、中小企業の経営の支えになれる仕事ができたらと思いこの業界を目指しました。
高校で簿記を学び、大学では公認会計士試験の勉強をしていました。

税務ができるだけではなく、経営のサポートができたり、経営者の方の相談相手になり、少しでも経営者の支えになれるような存在になりたいと考えています。

これまで簿記会計を学んできましたが、資格試験の勉強と実務との違いに、毎日たくさんの気づきや学びを得ています。

理論として学んできたものを実務で実践として活かしたり、実務で行ったことを理論で復習や勉強したり、理論と実践を行き来し比較して学ぶことは、とても勉強になるしそれによってより知識として身に付いていると実感しています。

まだまだ知らないことやわからないことが多くあり、知らなかったことを知れること、わからないことが少しずつわかるようになることが、楽しいですし、今後も常に勉強が必要だなと実感しています。
また、お客様とのお打ち合わせに同席させていただいて感じるのは、
先輩方はよりわかりやすく丁寧にお客様に説明をされたり、常にお客様のためを考えていらっしゃるなということです。

「経営者の方の支えになれる仕事がしたい」という目標のために勉強できる環境だなと感じています。

税務・会計・経営等の知識取得とお客様に喜んでいただけるような対応の仕方の両方を学んで、お客様のより身近な存在として信頼される人になれるように励んでいきたいと思います。

岩下 真也(いわした しんや)

会計税務スタッフ

 

佐藤修一公認会計士事務所の岩下と申します。
業界未経験者で入所しました。

大学時代は経営学系のゼミに所属しており、漠然と店舗運営系の職種に就きたいと考えていました。
大学卒業後、小売業界に約10年、公益の経済団体に2年強在籍しましたが、より深く会計・税務の分野で働きたいという思いが強くなり、弊所の門を叩きました。

数ある会計事務所の中で弊所に応募したきっかけは、ホームページを見て「中小企業に役に立つ会計サービスを提供する」ということと、「クラウド会計」に力をいれているという点に惹かれたからです。

私自身、簿記の勉強や仕事をしている中で、「会計が大事であることは理解できるが、単なる過去の事象の記録ではなく、これを一体どうやって未来の経営に活かせるのだろうか。
それと同時に、経営者が能動的に活用したくなる会計とは何なのか。」と感じていました。

また、同じ時期にクラウド会計にも関心を持つようになっていました。
このような思いが強くなってきていたころ、弊所のホームページを偶然発見しすぐに求人応募のメールを送信したことを覚えています。

弊所に入所して驚いたことは、毎月「事務所のミッション、ビジョン、方針等を会議時に確認」していること、「読書を強く推奨しており事務所内に向学の機運」があること、「質問が推奨されていること(特に新人)」です。

換言すれば、努力の方向性が示されており勉強しやすい環境にあるということです。
そのため、業界未経験の方にとって、なじみ易い環境であるのではないかと思います。

好きな言葉に「一万時間の法則」があります。
ある分野で一人前になるには一万時間の練習を要するという法則です。
わからないことや要領の悪いことばかりですが、焦り過ぎず着実に仕事のレベルを上げていきたいと思っています。そして地に足の着いた職業人になり、お客様に経済的なメリットを提供できる人物になることが目標です。

王 旻月(おう みんげつ)

会計税務スタッフ

 

こんにちは。
王旻月と申します。出身は中国・西安(昔長安という古い街)です。

2011年、中国の大学卒業し、人生の戸惑い中、日本に留学に来ました。

3・11の直後だから、両親は心配していましたが、福岡が一番安全だろうと福岡であれば留学を許してくれました。
九州エリアの一番目九州大学を目指し、1年半をかけて文学部出身の自分は独学で、九大の経済学府産業マネジメント専攻に進学できました。

2年間大学院生活の中、沢山の教授、優秀な同級生に恵まれ、自分の将来のキャリアが明確になってきました。それが「会計」です。

2015年大学院卒業し、新卒として大手の会計・経理ソフトウェア会社に入社し、二年間営業職として活動させていただきました。
当時のお客様は公認会計士、税理士の先生方がメインです。とても優しい方多くて、付き合うほど付き合ったら自分にもその一員になりたくなりました。
夢をもって現在の事務所とご縁があって2017年10月に入所させていただきました。
外国人として自分の長所を発揮し、中国語や英語で対応し、日本語分からなくても日本で事業をされたい外国の方のお役に立てればと思います。

将来、会計の分野の専門家になるために途切れず学習し、日々努力し続きます。
またまた勉強することが山ほどありますが、日本社会で頑張ってまいりたいと思います。