Pocket

スムーズに起業や創業を行うための融資・借入をサポートします。

・事業計画書の作り方がよく分からない…

・創業融資を申し込んだが断られてしまった…

・たくさん融資制度があってどれを選らんが方がいいのか分からない…

このようなお悩みをお持ちの方お気軽にご相談下さい。

その方にあった融資制度をご提案し、低金利で成功の確率がより高い融資制度をご提案いたします。

創業融資がおりるかどうかのポイントは4つです。

①事業計画書、創業計画書の作り方

金融機関から融資を受けるとき必要になるのが「事業計画書」です。

これまでの事業の実績がない場合の創業時の融資がおりるかどうかのほとんどが事業計画書にかかっています。

事業の戦略が十分練り込まれているか、資金繰り計画はできているかなどです。

事業計画書についての詳しい説明はこちら

②融資制度の選び方

創業時の融資制度は色々あります。

その方にあった融資制度を選んで申し込み、金利を抑え、より融資の成功の可能性が高くする必要があります。

福岡市の創業制度融資、福岡県の創業制度融資、女性向け創業制度融資、30歳未満向け、シニア向けなど

自己資金が10分の1、自己資金がゼロでの制度融資などもあります。

創業後、追加の融資が必要になる可能性が高い場合、最初に選ぶ金融機関で次回の追加の融資を受ける際、融資がおりやすくなることがあります。

おすすめの融資制度はこちら

③他からの借り入れがあるかどうか

住宅ローンや自動車ローンが残りいくらぐらいあるのか、今後の事業で返済できそうなのか

カードローンやキャッシングがあっても必ずしも融資を諦める必要はありません。

④税金の未払いがあるかどうか

国民生活公庫や、福岡県、福岡市などの制度融資を受ける際は、税金の滞納がある場合、申し込みをすることができません。

初回のご相談は無料です。

お気軽にご相談下さい。

Pocket