長年の税理士事務所と付き合いになると、税理士事務所は、すでに社内の人間のように良いことも悪いことも会社の事を知っています。

長い間の付き合いになると、情も湧いてきますし、なかなか税理士を変えることは難しいと思います。

税理士事務所には、誰でも見られたくない、会社の財布の中身を見せることになりますから簡単に見せたくありません。

 

また、税理士事務所を変えるとなると、会社の事を一から説明しなければなりません。

大変な労力になり、貴重な時間を割くことになります。

 

しかし、税理士事務所の選択は、会社の税金額だけでなく、会社の経営方針、戦略、資金繰りに影響が及ぶため会社に対する影響は小さくはありません。

私が尊敬する経営者で数字に明るく、健全かつものすごいスピードで会社を成長させている社長が「試算表では経営できない」と言っておられました。

これを聞き、残念に感じたと同時にその通りだと感じました。

一般的な会計のルールによって作られた試算表は、経営感覚とのズレが大きすぎるからです。

この経験がいかにして会計を経営感覚に近づけることができるか、

そして、経営の打つ手を明らかにして、全社の方針をあわせるために情報提供するサービスを考えるきっかけになりました。

 

会計を経営者の役立つ情報とするには、会計を簿記のルールではなく、経営者のポリシー、スタイルに合わせることが大切だと考えております。

 

また、昨今の税理士事務所の業務内容とその料金は体系は、様々です。

・記帳代行、税金の申告までをメインの業務とする事務所

・保険や地代年払を行い、税金の最小化する節税提案を行う事務所

・資金(経営者感覚)と帳簿上の利益の明確に説明している事務所

・事業計画書の作成(経営戦略、数値部分)をサポートを行っている事務所

・クラウド会計(フリー、マネーフォワード会計など)の導入サポートを行っている事務所

このようにくどくどとご説明しても弊所のサービス内容がイメージしにくいかと思います。

まずは、会社の状況を決算書診断でご説明させていただき、その後、宜しければ、お試しで弊所のサービスを受けていただきたいと考えております。

 

決算書診断はこちら

 

サービス期間は3か月間、料金は、1か月3万円となっております。

 

初回相談は無料です。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら