平成26年4月1日以降に開始する会社の法人税率が下がりました。

東北大震災の復興のための復興法人特別税制が終了したためです。

負担率は大きくは変わりません。
法人住民税率が平成26年10月1日以降に開始する事業年度で下がる予定ですので、さらに会社の税金の負担は減少します。

復興特別法人税制の終了により、中小企業の法人実効税率は以下のように低下します。
端数が生じますので四捨五入しております。

福岡県のみに支店を有する場合を前提としております。

【資本金が1000万円以下の会社の実効税率】

廃止前税率(%) 改正後税率(%) 低下税率(%)
所得400万円以下  21.9  21.7 0.3
所得400万円~800万円以下 23.6 23.4 0.3
所得800万円超~ 36.9 36.4 0.4

【資本金が1000万円超1億円以下の会社の実効税率】

廃止前税率(%) 改正後税率(%) 低下税率(%)
所得400万円以下  22.1 21.8 0.3
所得400万円~800万円以下 23.8 23.5 0.3
所得800万円超~ 37.1 36.6 0.5

【資本金が1億円超の会社の実効税率】

廃止前税率(%) 改正後税率(%) 低下税率(%)
所得400万円以下 33.1 32.6 0.5
所得400万円~800万円以下 33.9 33.4 0.5
所得800万円超~ 34.7 34.2 0.5

関連記事:実効税率とは