Message代表メッセージ

2013年8月、僕が32歳の時、自宅の一室の4畳半を事務所として、顧問先1社でスタートしました。
なぜ独立したのか、どんな事務所にしていきたいについてお話ししたいと思います。

「中小企業の経営が良くしたい。そのため、キャッシュ重視した経営ができるようサービスがしたい」との思いで資格を取り、この業界に入りましたが、勤めていた事務所の方針とどうしてもあわず、独立しました。

開業当初は、自分自身がどうやってサービスを行うかを考えながら仕事をしてきました。
10年近くたった今でもその気持ちは変わりませんし、色んな経営者と仕事をすればするほど、この気持ちは強くなっています。
そして今は、日々、事務所全員で「中小企業の経営を良くする」ためのサービスをどうやって行うかを考え、試行錯誤しています。

色んなお客様の経営をサポートしてきて確信しているのは、「中小企業の経営は会計で良くなる」ということです。

資金繰りの悪化で経営難に陥っている状態で売上を増やすことなく、大幅なコストカットをすることなく、年間1億の利益が増加したお客様にその増加した理由を聞いたところ「数字の見方が変わっただけ」との答えでした。
少しずつではありますが、着実に、目指すサービスに近づいています。

ここ数年でクラウド会計をはじめ中小企業のバックオフィスで安価で便利な各種クラウドサービスがどんどん普及していっています。
そして、これまでの税理士事務所のメインの仕事は数字を作る仕事でしたが、数字を活かす仕事ができるように変わってきており、今後、更にAIが発達し、さまざまなツール、アプリ、システムが開発され、僕らの仕事の可能性が広がっているように思い、心からワクワクしています。

今後、事務所として、AIと共存し、税務手続が超簡略化しても、中小企業の経営者に必要としていただけるサービスを提供していきたいと考えています。

そのためには、右のようなサイクルで日々仕事を行い、
「最後、退職する時に入所して良かったと思ってもらえる組織にしたい」

という思いで事務所づくりをしています。

まだまだ、道半ばですが、こんな事務所になれば、みんながハッピーだと思います。
そのためには、以下の3つのこと目指す必要があります。
①貢献と成長を感じることができる仕事
②健康で元気で仕事ができる環境
③安心して生活できる給与水準

これらを実現するために「ヒトとしての成長」と「お客様への寄り添い」を大切にしています。

ヒトとしての成長

僕らの仕事は「ヒト」自体がサービスとなり、一人一人の成長がサービスレベルと内容に直結します。
能力、経験、知識、スキルは、良いサービスを行うための条件ですが、これだけでは十分でないと考えています。
能力、経験、知識、スキルだけでなく、ヒトとしての考え方を高め、「ヒトとしての成長」を求める気持ちがない限り、良いサービスを行うことができないと考えています。
ヒトとしての未熟さを持って、心を柔らかく素直に失敗を認め、学びの気持ちを持っている人に集まってほしいと考えています。

楽して稼ぎたい方など高いスキルや知識があれば良い仕事ができると考えている方や変化、成長を求めない方は向いていません。
年齢にかかわらず、成長を求める方であれば、60歳を超えても気持ちと体が続く限りは活躍できる職場にしたいと考えています。
高い能力やスキルがないと活躍できず、同じような個性、価値観を持つスタッフばかりが集まる組織にしたくはありません。
色んな能力、スキルの方々が集まり、異なる個性や特徴、価値観が集まることで面白い発想や展開が生まれる組織したいと考えています。

お客様への寄り添い

「ヒトとしての成長」を重視した組織にしたいと考えていますが、それ以上に重視しているのが「お客様への寄り添い」です。
当たり前ですが、「お客様」があってのこその事務所の「ヒト」です。
「お客様のことを想い、寄り添う」ことができなければ、本当にお客様に必要とされる、価値を感じていただけるサービスにすることは難しいと考えています。
色んな業種業態、経営状態、経営環境の企業、色んな性格、志向を持つ経営者がいる中で、抱えている不安、不満や求めていることは、多種多様です。
そんな多種多様なニーズに応えていくには、お客様が求めるコトは何かを知る努力を惜しまず、お客様の求めるコトに全力で応えていくことが「お客様に寄り添うこと」だと考えています。

「お客様に少しでも良くなっていただきたい」や「お客様の問題、不満、不安、不便を少しでも小さくしたい」という想いを持って仕事をすることです。

ただ、「お客様に寄り添い」仕事をするのは、つらいです。しんどいです。大変です。
ですが、この想いがあってこそ、苦しいとき、辛いときのもう一歩の踏ん張りや粘りにつながると考えています。
そして粘りこそがお客様に価値を感じていただけるサービスに繋がり、豊富な知識や経験、高い能力をもってしても実現できるサービスではないと考えています。

「ヒトとして成長でき、お客様への想い」は、他の事務所に負けない事務所を目指していきたいと考えています。
僕らの仕事は、大変ですが、その分数字として成果がはっきり見え、感謝していただける機会も多く、やりがいある仕事です。
気持ちと会計の適性があれば、経験、年齢、性別、学歴、国籍は問いません。
皆様のご応募心よりお待ちしております。

佐藤修一公認会計士事務所 代表佐藤 修一