2017年01月21日 freeeの便利な使い方確定申告・税金クラウド・オンライン会計
freeeの確定申告時の預金口座の調整方法

freeeで確定申告を行う場合の試算表の口座残高と銀行の実際の預金残高を合わせる方法について説明しています 口座残高があわなくなるfreee特有の原因とその調整方法について説明しています 福岡の税理士 佐藤修一公認会計士事務所

2018年07月18日 補助金・助成金情報
固定資産税が3年間免除になる先端設備等導入計画の3つのメリットと手続方法を解説

固定資産税が3年間ゼロ~1/2端設備等導入計画の3つのメリットと手続方法を解説しています 認定の期限と注意点、経営力向上計画との併用は可能か、制度の比較を解説 福岡の税理士 佐藤修一公認会計士事務所

2018年07月10日 補助金・助成金情報
経営改善計画作成に使える早期経営改善計画補助金(最大20万円)のご案内

補助率3分の2、最大20万円の早期経営改善計画補助金の対象になる方、活用方法のご案内 税理士、公認会計士など専門家に経営分析、資金繰り分析を依頼し、経営改善の事業計画書作成の申請について説明 福岡の税理士 佐藤修一公認会計士事務所

2018年06月10日 確定申告・税金
経営力向上計画の認定で3000万の設備投資で最大576万円の節税できる理由について解説

経営力向上計画の認定により固定資産税の特例、3年間半額又はゼロへ(先端設備等導入計画)、中小企業経営強化税制の即時償却、税額控除で3000万の設備投資で最大576万円の節税できるを解説 福岡の税理士 佐藤公認会計士事務所

2018年06月05日 その他
平成31年卒業予定の新卒向けの求人開始しました

福岡の税理士事務所の平成31年卒業予定の新卒求人の採用活動開始いたしました 業界未経験、資格、学歴、国籍、年齢問いません 天神から徒歩5分 博多からバスで15分 佐藤修一公認会計士事務所

2018年06月05日 確定申告・税金
太陽光発電投資で消費税還付ができるケースとできないケースについて

太陽光発電で消費税還付が可能な方と無理な方を前年度に太陽光設備や不動産を取得しているケース、消費税課税事業者選択届と消費税課税期間特例選択届出の提出のタイミングを解説 福岡の税理士 佐藤修一公認会計士事務所

2018年05月31日 仮想通貨の税金について
仮想通貨に関する今後の税制改正の方向性について

税務有識者の平成30年以降の仮想通貨の税制の方向性を解説 仮想通貨間の交換は、換金時に課税、少額取引の非課税、マイニングの課税を換金時へ、税率を一律20%へ、3年間の損失の繰越控除を可能にすること

2018年05月28日 MFクラウド会計の便利な使い方仮想通貨の税金について確定申告・税金
MFクラウドと仮想通貨計算ツールクリプタクトが連携へ

仮想通貨の損益計算のクリプタクト(Cryptact)と確定申告用会計ソフトのMFクラウド(マネーフォワード)がAPI連携を2018年の年内中に行う予定のようです 福岡の税理士 佐藤公認会計士事務所

2018年05月23日 確定申告・税金
風力発電設備投資は消費税還付の対象となるのか、そのメリット、デメリットについて解説

小型風力発電の消費税還付を受ける方法とそのメリット及びデメリット、消費税還付を受ける場合にかかる税金とその税金を最小化する節税方法について説明しています 無料相談受付中、福岡の税理士の佐藤修一公認会計士

2018年05月13日 確定申告・税金中小企業向け融資情報
トマト銀行の太陽光向け融資(ローン)制度のご案内

投資用の全量売電の融資に関し、いずれの銀行も消極的な中、岡山県の銀行のトマト銀行の「ソーラーローン」という低圧太陽光向け融資(ローン)制度のご案内になります。太陽光に強い税理士 佐藤修一公認会計士事務所

2018年04月14日 お客様
飲食店向けの税理士料金の改定を行いました

福岡の飲食店向けに税理士料金の変更を行いました。1店舗あたり9,800円、決算料が個人の方が5万円、法人の方が8万円となっています 融資サポート、経理代行・記帳代行、経営分析も含まれた料金となっています

1 2 3 4 5 6 37