GMOペイメントゲートウェイは、損保ジャパン日本興亜と平成30年9月より中小企業向けの資金調達サービス「早期資金化サービス」を開始しました。

GMOペイメントゲートウェイが行っていたファクタリングサービス「GMO BtoB早払い」より手数料を下げることが可能になるようです。

「GMO BtoB早払い」を利用する場合、手数料が2.0%~となっていたのが、「早期資金化サービス」を利用すれば0.5%~と大幅引き下げるなる見込みです。

以下が「GMO BtoB早払い」と「早期資金化サービス」の比較になります。

早期資金化サービス GMO BtoB早払い
審査期間 原則3営業日
債権買取合計金額 100万円~1億円
買取社数 1社~ 3社~
手数料 0.5% 2.0%
損保ジャパンの取引信用保険の加入 必要 不要

 

損保ジャパン日本興亜の「取引信用保険」とは、得意先の売掛金が回収できない場合に、企業に保険金を支払うサービスです。

入金遅延の発生したタイミングで保険金を受け取ることができる「BCP特約」もあるようです。

この「早期資金化サービス」と「取引信用保険」の組み合わせにより、以下の効果が見込めると思います。

更なる短期的なキャッシュフローの改善+得意先の貸倒によるキャッシュフロー悪化リスクの低減

国内から海外への輸出を行っている企業など売掛金の入金サイトが長いケース、与信情報の把握が困難なため売掛債権の貸倒に対する不安がある方などにおすすめなサービスになるのではと思います。

是非ご活用ください。