固定資産資産の減価償却費の耐用年数になります。

固定資産を使って事業を行う場合の税法で決められた減価償却費の耐用年数を法定耐用年数と言います。

2つ以上の用途の場合には、主な用途で判定します。

研究開発用の資産について、別途、耐用年数が定められています。

中古の資産を購入した際の耐用年数も別途計算が必要となります。

耐用年数を何年にするかにより、法人税・所得税だけでなく、固定資産税にも影響します。

耐用年数が長期的な税金の金額に大きな影響します。

耐用年数が短く設定できれば、大きな節税になりますので、慎重な判断が必要です。

・建物の耐用年数表はこちら

・建物附属設備の耐用年数表はこちら

・構築物の耐用年数表はこちら

・機械設備の耐用年数表はこちら

・車両運搬具の耐用年数表はこちら

・工具の耐用年数表はこちら

・器具備品の耐用年数表はこちら

・無形固定資産の耐用年数表はこちら

・生物の耐用年数表はこちら

・研究開発用資産の耐用年数表はこちら

・中古資産の耐用年数の計算方法はこちら