Pocket

福岡で一般社団法人の設立を検討される場合、注意することがあります。

一般社団法人の場合、福岡県の保証協会の保証対象とならないのです。

これが何を意味するかといいますと、

起業・開業や事業拡大時に、資金が必要で融資・借入をする場合、

福銀や西日本シティ銀行等の金融機関に申し込む場合、通常、保証協会の保証付きで借入を行います。

保証協会の保証とは、仮に、返済できなくなった場合、保証協会が借主に代わり、返済するものです。

事業実績、担保等があれば、保証協会の保証が不要で借りることができる場合もあります。

これをプロパー融資といいます。

しかし、起業・開業時や事業実績の浅いの場合等は、保証協会の保証付きの借入でないと、融資は難しいと言えます。

保証協会の保証対象とならないとのいう事は、起業・開業時や事業実績の浅い段階での金融機関からの融資は、

実際かなり難しくなると言えます。

よって、一般社団法人の場合は、起業・開業時や事業実績の浅い段階での金融機関からの融資は、実際かなり難しくなってしまうのです。

一般社団法人の設立を検討されている方は、資金調達面でのデメリットがあることに注意されてください。

ただ、一般社団法人の場合でも起業・開業時の融資の道がないわけではなく、

日本政策金融公庫(国金)から融資は、保証協会の保証が不要なため、このような問題はありません。

福岡の開業・起業時の融資制度はこちらです。

Pocket