Pocket

最近、お客様で売上のカード決済に「楽天スマ-トペイ」を使うお客様が増えてきております。

あるお客様で今まで、カード売上の5%弱の決済手数料が引かれ、口座に入金されていましたが、

「楽天スマ-トペイ」に変更し、3.2%にカード決済手数料が下がりました。

カード売上×1.8%(=5%-3.2%)のカード手数料のコスト削減となります。

年間にすると、コスト削減の効果が大きくなります。

年間カード売上が500万円の場合のカード手数料のコスト削減額は、500万円×1.8%=9万円

年間カード売上が1,000万円の場合のカード手数料のコスト削減額は、1,000万円×1.8%=18万円

年間カード売上が2,000万円の場合のード手数料のコスト削減額は、2,000万円×1.8%=36万円

…10年で考えると36万円×10年=360万円となり、良い車を一台購入することができます。

年間にするとカード手数料の大きな経費削減額になります。

ちなみに入金時に差し引かれるカード会社への手数料の消費税は「非課税」となります。

また、カード売上分の実質的な粗利率が1.8%が上昇したとも言えます。

中小企業では、粗利率を意識した経営を行うと資金繰りが良くなります。

粗利益を意識した経営すると資金繰りが良くなる事例は<こちら

カードの会計ソフトの入力方法はこちら

Pocket