令和元年10月1日以降に開始する法人税率について説明しています。

令和元年10月1日以降、法人税率が0.16%~0.39%下がりました。

法人税は、資本金の金額の大きさと所得の金額の大きさによって、その税率が決まります。

現在、一番低い税率で、最も多くの法人で適用される税率である資本金1000万以下、年間の所得400万以下だと、法人税率は21.6%です。

年間の所得が100万の場合、企業が実質的に負担する法人税率は21.6%になります。

法人税の計算方法は、少し注意が必要で、所得の金額によって、一律で税率が決まるわけではありません。

所得400万以下の部分に係る税率、所得400万~800万部分に係る税率、所得800万超の部分で、それぞれ税率が異なります。

 

 

法人税は、企業に利益をプールする前に必ず、通過するフィルターみたいなものです。

企業にプールされた利益が大きければ大きいほど、大きな赤字に耐えることができ、より大きな投資を思いきって行うことができるようになります。

特に、所得が400万以下の金額に対する法人税率は、21.8%とけっこう低めなので、利益を効率的に残すことができます。

ぜひご活用ください。

 

【資本金が1000万円以下の会社の実効税率】

令和元年10月1日以前(%)現在 令和元年10月1日以後(%)税率差(%)
所得400万円以下21.821.6△0.2
所得400万円~800万円以下23.623.4△0.3
所得800万円超~34.236.4△0.4

【資本金が1000万円超1億円以下の会社の実効税率】

令和元年10月1日以前(%)現在 令和元年10月1日以後(%)税率差(%)
所得400万円以下 22.021.7△0.3
所得400万円~800万円以下23.823.5△0.3
所得800万円超~34.334.1△0.2

【資本金が1億円超の会社の実効税率】

令和元年10月1日以前(%)現在 令和元年10月1日以後(%)税率差(%)
所得400万円以下28.729.0△0.3
所得400万円~800万円以下29.429.7△0.3
所得800万円超~30.130.4△0.3

 

関連記事:実効税率とは