借入金が大きく、景気等の悪化により、直近の業績が悪化しており、資金繰りが厳しい方向けの日本政策金融公庫(国金)の条件面で非常に有利な融資制度があります。

「経営環境変化対応資金(セーフティーネット貸付)」という融資制度です。

国金からの借り入れとなるため、保証料が不要(通常の金融機関は、利息+保証料1.5%程度と実質利率が3%超)で、運転資金であれば実質利息負担が1~2%と利用できれば有利な融資制度となります。

また、融資限度額が4800万円と大きく、利用しやすい融資制度となっております。
据え置きも場合によって可能です。

■利用条件
以下のようないずれか業績悪化が条件となっており、使いやすい融資制度となっております。
1.直近決算の売上高が前期又は前々期に比べ5%以上減少

2.最近3か月の売上が前年同期又は前々年同期に比べ減少しており、今後も売上減少が見込まれる場合

3.最近の決算期における純利益額又は経常利益率が前期又は、前々期に比べ悪化している場合

4.売上の回収条件が長期化するか、支払条件が短期化している場合

5.社会的要因等よる一時的な業績悪化により資金繰りに著しい支障がある場合

6.直近の決算で赤字幅は縮小したものの税引前損失又は経常損失となっている場合

7.前期の決算で税引前損失又は経常損失となっており、直近の決算で利益は増加したものの利益剰余金がマイナスとなっている場合

8.前期の決算で税引前損失又は経常損失となっており、直近の決算で利益は増加したものの借入返済年数が15年以上の場合

■融資限度額:4800万円

■返済年数
・設備資金 15年以内(据え置き期間3年以内)

・運転資金 5年以内、必要な場合は8年(据え置き期間1年、特に必要な場合は3年以内)

■特に借入金が大きい方向けの優遇制度
直近の業績から計算した現状の借入金の返済年数が13年以上の場合、返済期間が5年以内であれば、金利が1.0~1.4%と低い条件で融資が受けられます

借入金の返済年数=借入金÷(経常利益÷2+減価償却費)≧13

その他の融資制度はこちら

融資を成功し、有利な条件を引き出すためには、事業計画の作成がカギとなります

認定支援機関」による事業計画の作成のサポートと計画実行に関する経営支援を受けることで有利な金利での融資と融資の確立を高くすることができます。

弊所は「認定支援機関」となっております。

当制度を使った融資の実績もあります。

融資実績はこちら

これまで、メインバンクに融資を断られたお客様の融資サポート実績もあります。

初回相談は無料となっております。

お気軽にご相談ください。

事業計画書サービス内容は こちら