安定した収益源を確保し、安定した資金繰りを行っていくためにエステサロン経営に必要な会計について説明しています。

■売上目標の設定⇒具体的に何をするか
売上高の目標を決める前に売上高を次のように分解してみます。

売上高=顧客数×平均来店頻度×平均顧客単価

これらの3つの数字を把握して経営しているでしょうか。

顧客数、平均来店頻度、平均顧客単価の3つの数字から売上の最大化を目指します。

例えば、現在の月の売上高が160万円とします。

売上高を分解してみると、次のようになったとします。

月の売上高160万円=200人×1回×8,000円

売上を200万円を目標とします。

この場合、売上の25%アップの40万円が更に必要です。

それには次の①~③を達成すれば、200万円の売上を達成できます。

①新規の顧客50人(=200人×25%)増やすか、リピート率をアップさせる
200万円=250人×1回×8000円

②平均来店頻度を0.25回(=1回×25%)上げる
200万円=200人×1.25回×8000円

③平均客単価を2,000円(=8,000円×25%)上げる
200万円=200人×1回×10,000円

①~③のいずれも達成するには、かなりのお金と労力が必要です。

では3つの目標である顧客数、来店頻度、顧客単価を10%ずつアップしたとします。

すると、

月の売上高212万円=220人×1.1回×8,800円

売上高は、160万円から212万円と33%増加します。

新規顧客増加⇒集客コストがかかります。

平均来店頻度、平均客単価アップ⇒顧客のニーズを満たすものか分かりません。
⇒リピート率の低下になりかねません。

このように3つの数字それぞれに無理のない目標設定することで、

この目標を達成するには、何を行う必要があるのかがはっきりしてきます。

これを行うには、顧客管理・分析が必要です。

■毎月の支出を把握⇒手元に一定の資金を持っておく

エステサロンでは、毎月人件費、家賃、広告費、水道光熱費等に加え、借入金の返済…があります。

これらのコストは、お店を空けている限り、毎月の売上の金額に関わらず発生します。

エステは、売上がお客の財布に左右されやすいため、月々の売上の変動が大きくなります。

また、エステでは、消費税も多額に発生します。

消費税も含め、毎月のコストを把握し、一定の資金を常に持っておくことが必要です。

■粗利益を把握する⇒粗利益を増やす方法を考える

売上-化粧品、オイル等の原価=粗利益となります。

売上-販売と施術に使った化粧品、オイルの原価=粗利益となります。

売上と同じくらい粗利益が大切です。

コスト<売上…では、資金が回るとは限りません。

コスト<粗利益…となれば、資金が回ります。

粗利益が経費を支払うための資金となるからです。

原価の影響を数字で説明します。

仮に、年間5000万円の売り上げがあるとします。

原価率が20%の場合の粗利益は、4000万円

原価率が15%の場合の粗利益は、4250万円

となり、5%の差が年間250万円の利益の差になります。

5年にすれば、5%の原価率の差が1250万円にもなります。

 単位:万円 原価率
15%
原価率
20% 
差額 
売上  5,000 5,000 
原価(売上×原価率) 750  1,000  250 
粗利(売上-原価) 4,250  4,000  250 
5年間粗利(粗利×5) 21,250  20,000  1,250 

ばかにならない数字です。

原価を管理するには、商材の在庫管理が必要になります。

売上は簡単にコントロールできませんが、原価、粗利益はコントロールすることができます。

エステは、現金商売ですので、うまくいけば、資金繰りを楽に回すことができます。

チケットなど、前受金をもらっている場合には、更に資金繰りが楽になり、

人が育てば、多店舗展開をスムーズに行うことができます。