クレジットカードで商品を売り上げた場合の会計ソフトへの入力方法、経理処理の方法について説明しています。

このクレジットカード売上の経理処理の方法は、2つの方法があります。

やりやすい方法で入力されて下さい。

今回はまず、一つ目の方法です。

事例でご説明します。

5月1日~5月31日までのクレジットカードの売上が総額で100、その後6月15日にクレジットカード手数料が5引かれて95の入金があった場合で、仕訳の方法について考えてみます。

 

クレジットカード売上時の仕訳の方法

売上は、入金時ではなく、販売したタイミングで経理処理することになります。

入金時に売上処理をしてしまうと、5月に販売した売上の経理処理のタイミングが6月となってしまい、損益計算書上の売上にズレが生じてしまいます。

よって、日付:売上日 5月31日‥月末日で日付を入力します。

そして、売上時のクレジットカードの仕訳の内容は以下のようになります。

借方金額  借方科目  貸方科目  貸方金額  説明 
100 売掛金 売上 100 カード手数料控除の金額で入力します

 

クレジットカード以外に代引きなどを行っている場合には、売掛金の補助科目を「クレジットカード」、「代引き」に分けて経理処理したほうが、入金時の仕訳が楽になるため、複数経路の売上入金がある場合には、補助科目で分けたほうが良いと思います。

クレジットカード売上の入金時の仕訳の方法について

次に、クレジットカード売上の入金時の経理処理方法について説明します。

売上時の経理処理で入力した売掛金と同じ金額を使って経理処理します。

「振替伝票」を使う方法と「振替伝票」を使わない方法を説明します。

どちらでもお好きな方で入力されてみて下さい。

まず、「振替伝票」使う方法からご説明します。

日付:入金日 6月15日

借方金額  借方科目 貸方科目  貸方金額  説明 
95 普通預金 売掛金 100 売上と入金額の差額は「支払手数料
」という勘定科目を使います。
支払手数料

 

 

次に「振替伝票」を使わない経理処理の方法をご説明します。

結果は上の処理と変わりません。

日付:入金日 6月15日 

借方金額  借方科目 貸方科目  貸方金額  説明 
100 普通預金 売掛金 100 売上100が全額入金があったものとして処理します。

日付:入金日 6月15日

借方金額  借方科目  貸方科目  貸方金額  説明 
支払手数料 普通預金 入金後、カード手数料を支払ったとして処理します。

 

カード手数料の消費税は「非課税」となる場合と「課税」になる場合があるため、クレジットカード会社からの手数料の内訳を確認し、ご注意して経理処理してください。

次回は二つ目の方法をご説明します。

二つ目の方法の方がクレジットカード手数料を経費として、早めに計上できるため、お勧めです。

二つ目の方法はこちら