リクルート発行の起業・独立を目指す人向けの雑誌「アントレ」の2017年春号に弊所代表佐藤の記事を掲載していただきました。

21歳の時、税理士の父が他界し、この税理士・公認会計士業界を目指した経緯からスタートしたことや、なぜ、税理士でなく、公認会計士を選んだのか…

 

1回目の公認会計士試験まで2か月しか勉強期間がなく、不合格になり、あまりのその試験の難関さにあきらめかけたが、「この道でどうしても働きたい」と考え直し、3回目の公認公認会計士試験に合格し、東京の監査法人に入所し、上場企業の監査業務を行ったこと…

 

地元福岡の税理士法人に入所し、他にはない自分独自のサービス構築のため、中小企業のコンサルティングできるようキャッシュフロー関連の書籍など含め200冊以上を猛勉強したこと…

その後、周囲の「無謀」との声を振り切り、独立開業して、営業下手で全く顧客が増えず、

うまくいかない中、ドラッカーコンサルの藤屋伸二先生に、「口下手なら、分かりやすく情報発信したら」とのアドバイスを実践したこと…

現在、福岡市内の中小企業を中心に税務だけでなく、会計、経営の相談を受けつつ、従来の会計ソフトを使えば2時間ほどかかる経理の入力作業を10分程度で終えることができるfreee(フリー)やMFクラウドなどのクラウド゙会計の導入活用を行っていること…

その結果、経理時間の短縮、効率化を図り、経営判断を行うためのサポートを行っていることなどについて掲載していただきました。

あまり、メディア等に出るのは得意ではないのですが、非常に光栄なことで嬉しく思いました。

 

アントレ1

 

アントレ

Pocket