会計ソフトfreee(フリー)の会計事務所、税理士事務所向けの雑誌「経営パートナー」の2017年8月号に弊所のインタビュー記事を掲載していただきました。

「AIと働く」をテーマにfreeeの認定アドバイザーとして今後の税理士事務所としての働き方をどのように変えていくべきかについて弊所スタッフfreee導入アドバイザーの光武と一緒にお話しさせていただきました。

 

ちなみにAIとは、経営パートナーより「人工的に知能をつくり取り組みと、それにより人の知能について理解しようという取組み。また、その成果物」とあります。

中小企業で不足しがちなヒト・モノ・カネを効率的かつ有効に事業に利用するため、現在AIの活用により分析やルーチン作業を改善できるようになっていています。

 

残念ですが、私たち理士事務所の仕事はAIにより10年後無くなってしまう仕事の一つされています。

ですから、AIの方が上手で効率的にできることはAIを活用し、AIではできないこと、AIが不得意なこと、人にしかできないことに今後税理士事務所としては行っていく必要があります。

 

弊所では、freeeだけでなく、MFクラウドも含め、AIの活用を行っていますが、1年前に比べ、ルーチン業務以外のお客様とのコミュニケーションに時間を割き、提案業務を行うことができるようになってきているように感じます。

間違いなくAIによって、仕事の意味や価値が変わってきています。

 

今後会計、経理以外の人事、HRの分野でさらにAIの活用が進んでいき、モチベーションと業績評価の観点から難しいと言われている人事評価が人が足りないと言われている中小企業にとってより良いものになることを願っています。

弊所では、人の多様性を重視し、AIの活用でさらに中小企業の経理負担、リアルタイムの経営内容の見えるか、会計の戦略活用を今後さらに進めていきたいと考えています。

 

弊所のインタビュー記事はこちらです

 

 

 

 

 

Pocket