太陽光など再生可能エネルギー発電設備の固定資産税の優遇税制についてご紹介します。

再生可能エネルギー設備は、太陽光発電設備、風力発電設備、バイオマス発電設備、地熱発電設備、水力発電設備のことです。

その優遇税制を受けることができれば、固定資産税が3年間2/3になります。

優遇税制を受ける対象の設備は、次の①と②の要件を両方満たす必要があります。

固定価格買取制度の認定を受けていること

②住宅用(低圧かつ10kw未満)でないこと

平成28年3月31日までに取得された設備が対象となります。

詳しくは、お近くの市町村にお問い合わせください。