事業をされている方で、青色申告の場合、確定申告で65万円の控除を受けるために貸借対照表を作成し、提出しなければなりません。

貸借対照表の作成の際の多いご質問で、

現金がマイナスになってしまっている…

現金が実際の金額より大きくなってしまっている…

のようなご質問をいただくことがあります。

現金がマイナスなる原因・理由としては次のようなものがあります。

①現金売上が漏れている、クレジットカード分と現金支払い分など経費をダブって入れている可能性がある

②事業からの利益が少ない

③預金から引き出して経費を支払った場合の預金の引き出しが「事業主貸」で処理されている

原因が上記の①の場合は、修正する必要がありますが、

その他の場合には、年末に年末時点の事業用の財布やお店の現金になるよう、次の仕訳を入力するだけで大丈夫です。

(借方)現金  ○○円  (貸方)事業主借  ○○円

○○円に入れる金額は、年末時点の事業用の財布やお店の現金とマイナスの現金との差額になります。

修正前の貸借対照表の現金のマイナスが10万円で、お店の現金が3万円であれば、差額の3万円‐(‐10万円)=13万円を上記の金額に入力します。

事業用の財布を分けていない場合には、現金をゼロに調整すれば問題ありません。

これらは、毎月の経理処理時に処理しておく方が、よりお金の流れが良く見えるようになります。