Pocket

ネットショップ等で売上や仕入の国内や海外の決済を行う場合でビジネスでPayPal(ペイパル)を利用されている方も多くなってきているように感じています。

PayPal(ペイパル)で海外から直接仕入を行う場合、クレジットカードの決済で利用する場合、ebay(イーベイ)やUS amazon(アマゾン)など、その利用方法はビジネスの内容によって様々です。

ビジネスでのPayPal(ペイパル)を利用している場合の経理処理について説明しております。

PayPal(ペイパル)の利用方法は大きく3つ分けられます。

①海外からの仕入の決済方法として利用

②クレジットカードの決済方法として利用

③ebay(イーベイ)やUS amazon(アマゾン)の売上入金や販売手数料支払い口座として利用

まず、①のケースですが、おすすめの方法は国内現金で仕入を行った場合と同じ方法で経理処理する方法です。

ただし、ドルやユーロやウォンなど海外通貨でPayPal(ペイパル)上表示されていることがあります。

この場合は、取引日のレートで日本円に直して、計算する必要があります。

例えば、200ユーロの仕入を1ユーロ=130円の日に行ったとします。

その場合の仕訳は次のようになります。

(借方)仕入 26,000円(200ユーロ×130円)/(貸方)現金(事業主貸) 26,000

次に②のケースですが、国内での経費の場合のクレジットカード決済と同様の経理処理になります。

なぜなら、このケースでは、PayPal(ペイパル)の中でお金は動かないからです。

最後に③のケースは、一月あたりの取引の件数が多くなり、①と同じ方法だと経理処理に非常に時間がかかってしまいます。

このケースでは月中平均レートを用いて経理処理を行います。

MFクラウド会計(マネーフォワード会計)やfreeeなどをご利用中の方は、シートを作ってしまえば、日本円への計算と入力の手間の短縮が可能です。

詳しくはこちら

最近感じるのは、ネットショップ等、インターネットを利用した新しい決済方法と海外との取引が増えてきています。

これに伴い、ざっくりではなく、正確に日本円に計算し毎月の利益をきちんと計算し、ビジネスを行う必要性が高まっていると感じております。

福岡県福岡市 税理士 佐藤修一公認会計士事務所

 

Pocket