Pocket

矢野 晴菜(やの はるな)

会計税務スタッフ

初めまして、佐藤修一公認会計士事務所の矢野です。
私は大学卒業後、新卒で入所しました。
社会人1年目でわからないことが多くある中、先輩方に色々教えていただきながら日々頑張っています。

私は、実家が美容室を経営しており、幼いころから経営の苦労を目の当たりにして育ってきました。

そして、中小企業の経営の支えになれる仕事ができたらと思いこの業界を目指しました。
高校で簿記を学び、大学では公認会計士試験の勉強をしていました。

税務ができるだけではなく、経営のサポートができたり、経営者の方の相談相手になり、少しでも経営者の支えになれるような存在になりたいと考えています。

これまで簿記会計を学んできましたが、資格試験の勉強と実務との違いに、毎日たくさんの気づきや学びを得ています。

理論として学んできたものを実務で実践として活かしたり、実務で行ったことを理論で復習や勉強したり、理論と実践を行き来し比較して学ぶことは、とても勉強になるしそれによってより知識として身に付いていると実感しています。

まだまだ知らないことやわからないことが多くあり、知らなかったことを知れること、わからないことが少しずつわかるようになることが、楽しいですし、今後も常に勉強が必要だなと実感しています。
また、お客様とのお打ち合わせに同席させていただいて感じるのは、
先輩方はよりわかりやすく丁寧にお客様に説明をされたり、常にお客様のためを考えていらっしゃるなということです。

「経営者の方の支えになれる仕事がしたい」という目標のために勉強できる環境だなと感じています。

税務・会計・経営等の知識取得とお客様に喜んでいただけるような対応の仕方の両方を学んで、お客様のより身近な存在として信頼される人になれるように励んでいきたいと思います。

Pocket