当ページは、佐藤修一公認会計士事務所の職務の分類とキャリア形成について説明しています。

弊所では、大きく分けると2つの職務に分類されます。

・担当業務‥主にお客様とのやり取りをしていただく
・サポート業務‥担当業務のサポート全般を行っていただく

担当業務とサポート業務の具体的な職務内容について説明し、その後、各スタッフごとのキャリア形成についてご説明します。

 

佐藤会計の「担当業務」とは

税理士事務所未経験で入所された場合、まず、サポート業務を行っていただくのですが、サポート業務を理解する前に担当業務のご説明を先にした方がサポート業務の内容がイメージしやすいと思うので、まず、担当業務について説明します。

佐藤修一公認会計士事務所の担当業務は主に以下のようなことを行います。

・会計コンサルティング‥数字を用いて中小企業の経営を良くする仕事
・経理に関する業務‥お客様の経理の状況のチェック、改善提案
・税金に関する相談‥税務申告、税務代理税金予測・節税のご提案、税務調査立会
・融資手続サポート‥中小企業の銀行借入のサポート

以下で一つ一つ説明していきます。

この「担当業務」で重要なのは専門的な知識、経験、コミュニケーションスキル、スピードになります。

 

会計コンサルティング業務とは

メインとなる業務は「会計コンサルティング」業務です。

会計コンサルティング業務とは、数字をベースに、質問を行いながら、「社長の頭の中を整理する仕事」です。

社長の頭の儲かっているどうかのイメージと実際に経理を行い計算した数字と実際の取引にズレがないかを確認し、ズレがあれば軌道修正することをサポートし、儲かるようにすることが会計コンサルティングの仕事です。

このズレの調整がないと、ズレたまま、儲からないまま経営してしまい、忙しいけど儲かっていない事態になりかねません。

この会計コンサルティングは、経営者とのコミュニケーションが重要になります。

経営者に十分にヒアリングを行うことがスタートとなる仕事だからです。

クラウド、AIによって、税理士事務所の仕事が無くなると言われています。

しかし、個人的はこの分野は残っていく仕事だと思いますし、経理を申告のための義務として行うのではなく、会計を将来の経営に役立てるために活用し、やりがいある仕事だと感じています。

経理コンサルティング

 

会計コンサルティング次にウエイトが大きいのが、経理に関するコンサルティング業務です。

弊所ではクラウド会計というアプリを経理の効率化、スピードアップのための提案業務を行っております。

お客様の経理の状況、人員、キャリア、スピードについてヒアリングを行い、お客様の状況にあった経理の効率化を提案しています。

 

税金に関する相談業務

経費にできる支出なのか、売上にすべきなのかや税金を少なくする方法がないか検討したり、税金予測などを行う業務です。

税法という法律に沿って正しい処理なのか、良い方法が無いかについて検討します。

また、税務調査の立会という、税務署の調査に対して税務調査の立会を行う業務です。

税務調査官が絶対正しいとは限りません。

税理士の立会は任意ですが、税務調査官の主張に対して税金のルールに基づき主張するのが「税務調査立会」と言い、これも税理士の大切な仕事の一つになります。

融資サポート業務

融資を受けるのは、出店するとき、大きな仕入を行う時などですが、どのような使い道で、お金を貸した結果、返済することができるかどうかについて銀行に計画書を提出する場合があります。

この計画書の作成をサポートしたり、融資を受けやすい決算書の作り方などで銀行からの融資を受けやすくするためのサポートを行う業務になります。

 

佐藤会計の「サポート業務」とは

サポート業務は、以上のような担当業務サポート全般を行う業務です。

まず、税理士事務所未経験で入所した場合、必ずこのサポート業務から入っていただきます。

具体的には以下の業務になります。

・記帳代行‥領収書などを預り経理を行うこと
・法人の決算申告
・個人の確定申告
・年末調整
・その他担当業務のサポート全般

以上の業務について具体的にどのような業務になるのか、一つ一つ説明していきます。

このサポート業務を行う上で大切なのは、専門知識もそうですが、正確性、スピード、担当業務を行うスタッフへの適時の報告、連絡、相談になります。

 

 

記帳代行業務とは

サポート業務の中で一番ウエイトが高い業務がこの記帳代行業務になります。

「簿記」のルールに従って上記のような画面で会計ソフトに入力する業務で、日付、勘定科目、取引内容、金額を入力していきます。

正確性、スピードが問われる業務で、簿記の知識や税金の知識が必要となります。

この記帳代行は、税理士事務所によって、入力方法が大きく異なります。

勘定科目の選び方、取引内容の入力方法などが事務所個々の方針によって大きく異なります。

領収書や通帳などのお金の動く数が多いほど、入力作業の作業量が増えていきます。

ただ、この記帳業務は、クラウド会計によって、入力に関する作業自体がどんどん簡略化されています。

クラウド会計とは、通帳や経費に関する情報などを自動で取り込むことができる会計ソフトです。

通帳や経費などが以下の画面のように自動で取り込まれるため、入力作業の7割~9割の入力作業が必要なくなります。

その理由は、クラウド会計はAIが働いているため、一度、登録した取引は、以下のように次回より推測することができるからです。

法人の決算申告業務

記帳代行の次に大きな業務としては「法人の決算申告業務」があります。

法人=会社のことで、1年に1回法人は、年間の売上や経費などを集計した「決算書」の作成義務があります。

決算書と税務申告書の2つを作成する業務を法人の決算申告業務(「決算書+税務申告書」)と言います。

法人の規模などによって異なりますが、決算書と税務申告書あわせて40ページ~100ページを超えるため、作業的には大変な作業になります。

但し、これら決算書や税務申告書は、手書きで作成するわけではなく、会計ソフトや専用の税金計算ソフトに入力すれば、作成できます。

個人の確定申告業務

個人で事業を行っている方、不動産投資や太陽光投資を行っている方は、自分で1年間の収入や経費などを税務署に報告することで税金が決定されます。

この給与以外の収入がある方で税金の確定するために1年間の収入や経費に関して税務署に報告する手続きのことを「確定申告」と言います。

確定申告を行うための資料である確定申告書を作成する業務になります。

年末調整業務

年末調整とは、中小企業の経営者の雇用している従業員の税金計算を行い、税務署や都道府県、市区町村へ届出を行う業務です。

この年末調整により、サラリーマンの税金を確定させることができます。

具体的には、従業員それぞれの家族情報や生命保険の加入状況、給与金額などを年末調整用のソフトに入力する業務になります。

その他担当業務のサポート全般

具体的には、お客様のご要望に応じて、分析資料の作成、日常的な管理資料の作成を行います。

 

佐藤会計のキャリア形成

 

以上のように佐藤修一公認会計士事務所では、大きく「担当業務」と「サポート業務」分けられますが、個々のスタッフの適正にあったキャリア形成を行っております。

当たり前ですが、人間である以上個々のスタッフのごとに個性、適正、得意分野、経験、年齢など大きく異なります。

入所して半年から1年もすれば、個々のスタッフの特徴が見えてくるので、個々のスタッフの特徴にあった業務を行ってもらいます。

例えば、以下のようにスタッフごとの適正あった、個々の長所を活かし、自信を持って仕事ができるよう個々に異なるキャリア形成を行っていきます。

・記帳代行に特化するスタッフ
・法人の申告に特化するスタッフ
・特定のお客様層の担当業務に特化するスタッフ
・経理コンサルティングに特化するスタッフ

特化すると、幅広い経験が積めないのではと心配される方もいらっしゃるかもしれません。

求人にご応募される中にも心配される方がいらっしゃいます。

特化しているからと言って、その業務しか行わないというわけではなく、色んな業務を行いながら特に集中的に行なってもらいます。

そして、A社の担当業務を行いながら、B社のサポート業務を行うなど、お客様ごとに異なる業務分類で仕事を行ってもらうことがあります。

弊所は税理士事務所の中でも比較的幅広い業務を行っているため、幅広い経験を積むことができるのではないかと思います。

個々のスタッフの短所・弱みは、重視せず、個々のスタッフの経験・スキル・長所・強みを重視したキャリア形成を行うことができる配慮しています。

よって、税理士事務所に入って、3年間で全て一通りの仕事をまんべんなく覚えてもらうようなやり方は行っていません。

100人いれば100通りのキャリアがあると考えています。

あくまでスタッフそれぞれが、自分の長所をどんどん伸ばし、とがったスキルと経験で、お客様に貢献し、自信をもっていただくことを目的としたキャリア形成になります。

 

福利厚生制度・勤務条件、雰囲気についての詳しい説明はこちら

中途・税理士事務所経験者の求人・採用情報はこちら

新卒・税理士事務所未経験者向けの求人・採用情報はこちら

弊所スタッフの年齢層、男女比、平均勤務年数等についてはこちら