初めてのお客様の会計データを見たとき一番感じることは、「雑費」の金額が大きいということです。

「雑費」とは、経費のうち、他の勘定科目に該当しない支出があった場合に利用する勘定科目です。

なるべく、「雑費」は使わない方がいいと考えております。

理由は2つあります。

会計帳簿である試算表等を見る時、雑費が多いと経費が増加・減少した理由が一目で分からないからです。

もうひとつは、雑費が多いと「税務署」に目をつけられやすくなります。

日々の出費で、少額な事務用品や消耗品は「消耗品費」として処理します。

それでも悩むときは、支出の目的を考えます。その支出の目的に応じた勘定科目を使います。

お客様が「雑費」で処理しているものうち、ほとんどが「消耗品費」で処理できてしますものが非常に多いと感じております。

弊所の場合、「雑費」を使うのは、ごみ処理料ぐらいです。