弥生会計では、入力時に科目の内容から適用(取引の内容を入力する欄)を推定して自動表示してくれる機能があります。

しかし、仕訳辞書を登録している場合、取引の内容を自分で入力している場合には、適用の自動表示機能があるとかえって入力しにくくなる場合があります。

なぜなら、仕訳を入力するごとにこの自動表示機能で毎回表示されるため、一回、エンターキーを押してこの自動表示解除するため、入力の手間が少し増えてしまうからです。

この自動表示機能を解除する方法を説明しています。

まず、画面上の「オプション」⇒「環境設定」を選びます。

適用削除①
その後、上の「表示」タブをクリックすると次のような画面になるので、画面のようにチェックを解除します。

適用自動解除
すると、次回の入力時から、摘要欄の自動表示がされないので、少しだけ楽になります。