埋没原価とは、今後の方針を決める際、引きずられてはいけない過去に支払ったコストのことです。

ここまで投資したからには、どうにかして投資を回収したい…

という考え方ではなく、

今後の利益を増やすための最善の方法を探すために埋没原価を完全に排除しまいます。

過去に投資やコストを支払ったことにより、回収しようと更にコストを増やしたり、

思い入れが強くなってしまい、更に投資を増やしてしまい、

赤字幅を広げないため投資・コストに対する考え方です。

埋没原価は、例えば、ある事業への投資、機械設備への投資、広告宣伝費、店舗展開のための投資などが該当します。

店舗出店のために3000万円の投資をしたとします。

内、H26年までに過去の利益で2500万円を回収しているとします。

現状、その店舗の実績と見込みの損益計算書は、次のようになっているとします。

 単位:万円  H26
実績
H27
見込み 
差額 
 売上高  2500 2400  △100
 売上原価  1800  1750  △50
 粗利 700  650  △50
 経費  1000  800  △200
  内減価償却費  200  100  △200
 営業利益 △300 △150  +150
 キャッシュフロー
=利益+減価償却費
△100 △50 +50

H27年はH26年に比べ、利益が△300万円から△150万円に改善する見込みだとします。

しかし、H26年、H27年それぞれ、キャッシュフローはマイナスです。

H28年以降キャッシュフローがプラスになる見込みがあれば別ですが、

この店舗を続けることにより、今後資金が減っていきます。

よって、過去の投資額がいくらであれ、投資の回収までの残りがいくらであれ、

埋没原価の過去の投資は、一切今後の方針の決定の際、影響させないという考え方によれば、

この店舗は閉鎖するほうがよいとの結論になります。

埋没原価には、減価償却費などの資金の出ないコストは、考慮すべきでないと考えています。

いくら利益がマイナスであっても、キャッシュフロー(営業利益+減価償却費)がプラスであれば、

その投資を続けることにより、資金は増え続けるからです。