起業を検討中の方助成金のお知らせです。

助成金とは、借入と違い、返済しなくてよいお金です。

ですから、一旦貰う事でできれば、税金はかかりますが、経営上かなり有利になります。

起業を平成26年2月28日に起業者向けの助成金の応募が始まりました。
国からの中小企業の起業を活性化させるための「創業補助金」という助成金です。

応募期間は平成26年2月28日(金)~平成26年6月30日(月) 17時まで 当日必着です。

発生した経費の3分の2以内を最大200万円、国が補助するという制度です。

補助金は後払いとなりますので、資金の準備が必要ですが受給できると資金繰りが不安定な起業の後の大きなサポートとなります。

ちなみに「日本政策金融公庫」からの「中小企業経営力強化資金」(自己資金不要)又は「新創業融資制度」(自己資金10分の1)という起業・創業支援融資をあわせて使えば、十分な自己資金なくても起業・創業することができます。

助成金の対象経費には、人件費、設備費、事務所家賃、マーケティング関連費等が含まれます。

経営者ご本人の人件費は含まれませんが、かなり広い範囲となっております。

他、様々要件がありますので詳細はこちら

助成金を受けるには、「経営革新等支援機関」と一緒に「事業計画書」を作り審査を受ける必要があります。

弊所も経営革新等支援機関となっております。
初回相談は無料です。

助成金申請手続きの料金:着手金100,000円(顧問契約される方は50,000円)+補助金額×10%となります。

お問い合わせはこちら