楽天、アマゾン、ヤフー、自社サイトなどのネットなどでネットショップ業、通信販売業、通販小売りを行う方向けの会計について説明しています。

通販業では、一番に売上から原価を引いた粗利益の捉え方に特徴があります。

通常の小売りだと、商品売上-売上原価(=商品仕入原価)=粗利益となります。

通販業などこれに、出品のためのコストである売上高に応じて楽天、アマゾン、ヤフーなどに支払う「販売手数料」、送料、代引き手数料が加わります。

すると、通販業の粗利益は、次のようになります。

商品売上-売上原価(=商品仕入原価+販売手数料+送料+代引き手数料)=粗利益になります。

この粗利益がその他の経費である人件費、事務所家賃、倉庫代、広告費、通信費などを支払うための資金となり、

粗利益から経費を引いた金額が利益となります。

 

  小売  割合  通販   割合
売上高 100   100% 100   100%
仕入原価  40   40% 40   40%
販売手数料  -   - 10   10%
送料   - 3   3%
代引き手数料 -   - 2   2%
売上原価    - 55  55% 
粗利益  60  60% 45  45% 

売上=経費となる損益分岐点となる売上を考える際には、この考え方は大切だと思います。

次に、通販業では、在庫の金額に注意が必要です。

上記の「仕入原価」は、販売ベースの仕入商品の原価で、仕入ベースの仕入商品の原価ではありません。

在庫の金額を把握しなければ、自社がどれだけ利益を上乗せして販売できたかは分かりません。

在庫の金額=将来の利益を生むために寝ている資金です。

その資金が今どのくらいあるのか、売上に対して大きすぎないかなどにも注意が必要です。

そのためには、在庫回転期間を把握していく必要があります。

在庫回転期間とは、何日分の売上分の在庫があるかという数字です。

その他季節性のある商品であれば、仕入金額が一年を通しての変動が大きくなるので、一定の手元資金を確保することが重要です。

ネットショップ等の通販業は、売上の入金が早いため、現金商売と似ていて、手元資金が貯まりやすいなどメリットがあります。

これらの数字を会計上、分かりやすい形で表示して、会計を経営により役立ててみて下さい。