6月支給分から住民税の特別徴収がスタートしました。

特別徴収とは従業員の方の住民税を会社が給与から天引きして従業員の方に代わって支払う制度です。

これまで、福岡市ではこれまで普通徴収だった方も、平成29年6月支給分から特別徴収の対象となりましたのでご注意ください。

ここではMFクラウド給与の特別徴収の平成29年6月天引き分の住民税の金額の入力方法について説明しています。

まず、メニューバー「従業員情報」より「詳細設定」をクリックします。

キャプチャ

その後、「給与情報」より画面最下部の住民税の項目の「編集」をクリックします。

すると以下の画面になりますので、都道府県、市町村を福岡県、福岡市へ変更し、福岡市より送られてくる「平成29年度 給与所得等に係る市民税・県民税 特別徴収税額の決定・変更通知書(特別徴収義務者用)」に基づいての6月の金額と7月以降の金額を入力してください。

キャプチャ1

ここまで入力すれば、これまでどおりの給与計算と同様にメニューバー「給与計算」に住民税の金額は反映させることができます。

6月分のみ他の月に比べ、金額が若干大きく、金額が異なるため、ご注意ください。