個人事業でヤフオクやアマゾンなどせどりやネットショップ等インターネットで小売りをされている方で、

クレジットカードを複数利用し、仕入や経費の支払いを行っている方も多いかと思います。

特にこれからの時期、年末商戦に向け、仕入をどんどん増やす予定の方も多いのではないでしょうか。

そうなると当然、クレジットカードの利用が増えることが予想されます。

瞬間的にクレジットカードの枠がギリギリで、クレジットカードの限度枠に空きを作るために、

クレジットカード決済日前に振込を行い、早期決済・繰り上げ返済することがあるかもしれません。

MFクラウド会計・確定申告を利用されている方で繰り上げ返済を行う場合には注意されて下さい。

繰り上げ返済を行うと明細が正しくMFクラウド会計(マネーフォワード会計)に反映されない場合があります。

MFクラウド会計(マネーフォワード会計)は、カード会社のクレジットカードの明細情報の取り込みを行っているからです。

一部のカード会社の場合、クレジットカードの繰り上げ返済を行うと、明細情報がカード会社の情報に明細が残らず、MFクラウド会計への反映がうまくいかないことがあるようです。

明細の取り込みに漏れがでてきてしまうと、

仮にクレジットカードを利用して仕入を行っている場合、その仕入が会計に反映されず、経費が漏れてしまうことになってしまいます。

このような経費の漏れを防ぐためには、繰り上げ返済前のクレジットカードの明細を残しておくか、クレジットカード会社に明細を請求することをおすすめします。

特に大量のクレジットカード取引を行っている方は、特にクレジット利用の取引がMFクラウド会計に反映されていないまま、処理を行うリスクがありますので、十分ご注意下さい。
福岡県福岡市のMFクラウド会計(マネーフォワード会計)の認定アドバイザー税理士
佐藤修一公認会計士事務所