MFクラウド会計(マネーフォワード会計)の現金領収書の入力方法について説明しています。

クラウド会計では、預金、クレジットデータを自動取り込みしますので、預金とクレジット支払いの経費に関しては、非常に効率化することができます。

一方、現金の領収書の入力については、以前に比べずいぶんスピードアップしましたが、オンライ上での処理になるため、「簡単入力」や「仕訳帳入力」を使っても時間がかかってしまいます。

現金の領収書のおすすめ方法は、現金出納帳を利用する方法です。

現金出納帳をMFクラウドからダウンロードし、ダウンロードエクセルに現金領収書を入力し、MFクラウドにインポートします。

次のような手順で行います。

まず、メニュー「入力・仕訳」⇒「ファイルの入出力」を選択します。
次に、「現金出納帳、又は、その他帳簿」から「Excelデータをインポートする」を選択します。

現金出納帳①

そして、画面下の「現金出納帳(勘定科目あり)テンプレート(.xls)をダウンロード」を選択するとエクセルの現金出納帳がダウンロードできます。

現金出納帳②

下の画像が現金出納帳のエクセルになります。
エクセルの「日付」「科目コード」「摘要」「入金・出金」に入力を行います。
「科目コード」と科目は、使いやすいように使わない科目を消去したり、使う科目を追加したり、自由にエクセルを加工することできるので、加工して使いやすいようにしてみて下さい

現金出納帳

月別に入力すると月の欄の入力をする手間が少なくなるので月別にエクセルを作成するのがお勧めです。
福岡県福岡市のMFクラウド会計の認定アドバイザー税理士
佐藤修一公認会計士事務所