MFクラウド会計(マネーフォワード会計)の現金領収書の入力方法について説明しています。

MFクラウド会計では、預金、クレジットデータを自動取り込みするので、預金とクレジット支払いの経費に関しては、スピーディかつ正確に入力を行うことができます。

一方、現金の領収書の入力については、以前に比べ、ずいぶんスピードアップしましたが、オンライ上での処理になるため、「簡単入力」や「仕訳帳入力」を使っても時間がかかってしまいます。

現金の領収書・レシートを入力する一番のおすすめ方法は、弥生会計などその他会計ソフト(会計王、勘定奉行、freee、JDL、PCAなど)を利用している場合、仕訳ファイルのインポートです。

仕訳ファイルのインポートとは、他の会計ソフトで入力したデータをMFクラウド会計に取り込むことです。

なぜ、仕訳インポートがおすすめかというと、弥生会計などのデスクトップ版の会計ソフトは、オフラインで処理を行うため、入力作業を数多く行う場合、ストレスなくスピーディーに行うことができるからです。

弥生会計などからMFクラウド会計(マネーフォワード会計)に移行された方には、慣れたソフトの入力ですので、おすすめの方法です。

次では、弥生会計からのインポート方法について説明しております。

①メニュー「帳簿・伝票」から「仕訳日記帳」を選択します。

現金出納帳弥生①

②メニュー「ファイル」から「エクスポート」を選択します。

現金出納帳弥生②

③書式:汎用形式 区切り文字:カンマ(CSV)形式を選択し、デスクトップに出力します。⇒ここまでが弥生会計での仕訳ファイルの出力作業になります。

現金出納帳弥生③

④ここからMFクラウド会計での取り込作業になります。
メニュー「入力・仕訳」から「ファイルの入出力」を選択します。

⑤他社会計ソフトで作成された仕訳データを選択します。

現金出納帳弥生④

⑥インポート画面で弥生会計を開き、上の仕訳ファイルのインポートから先ほどデスクトップに出力した仕訳ファイルを参照し「アップロード」を選択して終了です。
現金出納帳弥生⑤
このようにすれば、預金、クレジットに強いMFクラウド会計(マネーフォワード会計)と現金の領収書などの入力に強い弥生会計などのデスクトップ版の会計ソフトのいいとこどりで入力を行うこと出来るの一度試されてみて下さい。
福岡県福岡市のMFクラウド会計(マネーフォワード会計)の認定アドバイザー税理士
佐藤修一公認会計士事務所