現在、マイナス金利がとなっており、超低金利時代に突入しました。

10年固定の住宅ローンは、現在メガバンクなどでは、1%を切っており、

金利の低い金融機関になると、0.5%を下回っているところもあるようです。

これからマイホームの購入を検討されている人についてチャンスの時期だと思います。

一方、中小企業の融資はどうか・・・

このような低金利反映されず、以前とそう変わらない水準の金利が続いています。

税理士事務所として、中小企業のお客様融資のお手伝いをさせていただいておりますが、

マイナス金利になり、融資を受けやすくなったという印象は、あまりありません。

住宅ローン、中小企業融資は、それぞれ、金融機関にとって、リスクは異なるため、金利は異なるのは当然だと思います。

しかし、住宅ローンも、中小企業への融資も同じ貨幣であることに変わりなく、

政策金利がマイナスになったにも関わらず、なぜ下がらないのかと疑問を持ってしまいます。

是非、今後このマイナス金利が続くようでしたら、中小企業へ融資の金利も下がっていってほしいものです。

福岡市の税理士 佐藤修一公認会計士事務所
佐藤