今月の決算の法人のお客さまで多額の利益が出ていました。

どちらも1期目の会社です。

役員報酬も十分とられているので、順調といえます。

当然、2社とも初めての決算です。

決算前の打ち合わせ時に社長から

「税金対策で経費をもっと使った方がいいですか?たとえば車を買うとか」

とのご質問がありました。

私は、こう答えました。

「税金対策は、お金を残すためにするものですよね?

お金を使った税金対策をすると、逆にお金が減りますのでやめた方がいいですよ

仮に利益と同じだけ、100万円のお金があったとします

この場合、税金対策で50万円使った場合、お金はどうなるか数字で説明します」

 単位:万円  税金対策なし 税金対策あり  差額 
①利益 =お金 100  100  0 
②税金対策 50  50
③税金対策後利益
①-②
100  50  50
④税金 
③×25%
25  12.5  12.5
⑤手元のお金
③-④
75  37.5  37.5

「このように、税金対策をしない場合75万円残り、税金対策をすると37.5万円しか残りませんよ」

社長はこうおっしゃいました。

「税金対策で備品を買ったとかよく聞くんで、

このままだと、お金を使って、いらないものまで買ってしまいそうでした」