会計ソフトを自社で入力するメリットについてご説明しています。

しかし、PCや数字がどうしても苦手な方、忙しくてできない方はいらっしゃいます。
この場合は、会計事務所に会計ソフトの入力は頼まれるべきです。
忙しいのに苦手な会計ソフトへので時間を奪われ、ストレスを感じ、本業へ集中出来なくなっては本末転倒だからです。

会計事務所へ会計ソフトへ入力すると別途コストがかかります。

会計事務所へ頼むコストと自社で行うメリットどちらが大きいかを考えていただく材料にしていただければと思います。

会計ソフトへの入力はもちろんご指導させていただきます。
会計ソフトへの入力方法は無駄を省いた方法でお願いしております。
これまで全く、会計の知識や経験がない方やパソコンの経験があまりない方をご指導させていただきましたが、皆さんある程度は出来るようになりました。

会計ソフトを自社で行うメリットは以下になります。

■タイムリーな対策と好きな時にいつでも自社で数字の管理ができるようになる
会計ソフトが自社にあるため、月が終われば、すぐに会計ソフトの入力を行い、売上がどうなのか、利益がでているのか、経費が増えているのか?等をすぐに把握できます。
早めに収支を把握している会社は業績がいい会社が多いからです。
なぜなら、数字を意識した経営を行うことができているからです。

また、タイムリーな数字の把握は、速めの決算対策を行うことができます。

会計事務所に会計帳簿の作成を依頼する場合、忙しい経営者の方は、資料の領収書等の資料のご提出が後回しになってしまう場合があります。
経験上、会計のご報告が3か月、最悪6ヶ月毎となってしまうケースもこれまでありました。
それでも、会計事務所としては、毎月の領収書の提出を強制することはできません。
サービスを受けるかうけないかの自由は当然お客様にあるからです

また、会計ソフトが自社にあるため、会計ソフトを操作し、売上、経費の中身を好きな時に自社でみれるため、売上や経費の中身の検討を行うことができます。
会計事務所が会計ソフトの入力を行う場合、売上、経費の中身は、会計事務所にいちいち聞かなければ、分からないことがあります。

■無駄な時間、経費削減できる
会計事務所が帳簿を作成する場合、資料のご依頼、ご質問をが複数回させていただくことになることがあります。
また、会計事務所で会計ソフトの入力を行う場合、会計事務所では支出の内容が分からない場合がどうしてもでてきます。
その場合、会計事務所から何度も資料の不足のご依頼やご質問をさせていただくことがあります。
それにお客様にご対応していただく必要があるため、大切な時間が奪われてしまいます。
そのような時間は、自社で会計ソフトの入力を行えば、生じることはありません。


また、会計事務所へのコストが月1万円~かかります。
自社で行えば、そのようなコストはかかりません。