「起業して一年目は、税金は発生しない」という話聞いたことありませんか?

私も先日、お客様から

「開業2年目までは、税金を納めなくてもいいと聞きました。ですから、2年目までは税金を納めなくてもいいんですよね」

と聞かれました。

税金は支払っても、何も見返りのない費用です。

誰もが支払いたくないですよね。

そして、2年目までは、税金を納めない事業者が多いのは事実です。

理由は、2年目までは、消費税が発生しないから。

売上-経費=儲け

儲け×税率=税金となります。

税金は儲けがプラスの場合にかかります。

儲けが大きければ大きいほど、税率が高くなり、税金の金額が大きくなってしまいます。

儲けがマイナスの場合は、税金はゼロとなります。

税金がゼロ、うれしいことです。

税金がゼロということは、売上<経費になっています。

売上=入ってきたお金+近々入ってくる予定のお金

経費=出ていったお金+近々でていく予定のお金

のことです。

売上<経費ということは、

入ってきたお金+近々入ってくる予定のお金<出ていったお金+近々でていく予定のお金

ということは、でて行くお金の方が大きかったということになってしまいます。

お金が足りていないのです。

この場合は、借入などがあるからお金が回っている…

開業初年度は、経費がかさみます。

ですから、儲けが出にくいの確かです。

開業初年度から税金を納めている方はいます。

そのような方は、資金繰りに余裕がある方が圧倒的に多いようです。