早いもので2015年も残るところ、1ヶ月を切りました。

急に寒くなるわけです。

平成28年度の住民税を控除するふるさと納税の寄付の期限は、いつまでか?

平成27年12月31日までです。

ふるさと納税は、全国の各自治体に寄付を行うことで、

一定の枠内の金額であれば、

支払った金額【2,000円の自己負担有】分だけ、住民税を控除することができる制度です。

寄付先の都道府県、市町村がお住まいの住所以外でもふるさと納税の対象となります。

寄付した分だけ、住民税が安くなり、全国の各自治体から米や肉などの特産品を受け取ることができます。

非常にメリットが大きい制度だと感じております。

このメリットを最大限活用するコツは、一定の枠内の金額の範囲内でふるさと納税を行うことです。

ただし、一定の枠内の金額が分かりにくい点が残念です。

一定の枠内の金額とは、住民税×20%より少し大きい(年収500万円、住民税×約23~25%)ぐらいのイメージです。

住民税の20%で寄付金を行っていれば、枠内で損することはありません。

正確な計算方法は、複雑になります。

正確な計算は、こちらのサイトで計算できます。