平成27年4月1日以降に始まる事業年度から法人税の引き下げがありました。

中小企業では、800万円以上の所得に関して法人税率が25.5%から23.9%へ1.6%への引き下げありました。

これにより、福岡県福岡市の法人実行税率は以下のようになりました。

(単位:%)

所得金額  資本金1000万円下の
の法人の実効税率
資本金1000万円超1億円以下
の法人の実効税率
資本金1億円超
の法人の実効税率 
400万円以下   21.65 21.86 30.56
400万円超800万円以下  23.43 23.63 31.23
800万円超  34.82 35.01 31.99

中小企業の所得が400万円以下の場合、法人税率は21.65%と22%を切っています。

ちなみに海外の法人税率は次のようになっています。

(単位:%)

国  法人税率 
アメリカ  40.75
中国  25
韓国  24.2
インドネシア  25
シンガポール 17

諸外国に比べ高いと言われている日本の法人税率ですが、

アジア圏の法人税率と比べた場合、800万円を超えない所得の場合、決して高くはない法人税率となっています。

中国で展開されているお客様から、

「日本は法人税率が高いから‥」と聞くことがあります。

しかし、現在の日本の法人税率を説明すると、税率の低さにびっくりされます。

今回の改正で800万円を超えると所得の3分1が課税されるため、依然としてインパクトは大きいですが、

800万円以下の場合は、25%を切っており、利益が残りやすい税率となりました。