平成27年の税制大綱(税制改正のもととなる案)で法人税率を2年間かけ、

平成27年に2.51%、平成28年に0.78%下げ合計で3.29%下げることが決まったようです。

これにより、現在22%~34%の法人税率が19%~31%程度に下がるかもしれません。

税金は高いことに変わりないのですが、

法人税率が20%を切ることになれば、法人税=高いのイメージが小さくなり、

企業の利益が留保されやすくなればと思います。

そして、より多くの資金が企業に留保できるように、

「節税」⇒「安定的な資金の確保」へとマインドが変わっていけばいいなと思います。