平成27年の税制改正の大綱(原案段階)から気になった内容についてご紹介します。

親・祖父母からの住宅取得資金の税金のかからない非課税贈与の枠が平成27年以降大幅に広がるようです。

契約日によって非課税贈与の金額が異なります。

特にH28.10~H29.9までのH29.4に予定されている消費税増税を挟んだ期間には非課税枠が最大3000万円になるようです。

また、家屋の性能で非課税の金額が異なります。

次が契約日と非課税金額の表になります。

・契約金額が消費税が10%以外の場合の非課税贈与の上限金額

 契約日  省エネ対策等級4
又は
耐震等級2以上若しくは免震建築物
 左記以外
~H27.12   1500万円 1000万円
 H28.1~H29.9 1200万円 700万円
 H29.10~H30.9 1000万円 500万円
 H30.10~H31.6 800万円 300万円

・契約金額が消費税が10%の場合の非課税贈与の上限金額

 契約日  省エネ対策等級4
又は
耐震等級2以上若しくは免震建築物
 左記以外
 H28.10~H29.9 3000万円 2500万円
 H29.10~H30.9 1500万円 1000万円
 H30.10~H31.6 1200万円 700万円