平成27年税制改正大綱からです。

法人税の青色欠損金の繰越に関するものです。

大きくは2つあります。

まず一つ目は、

繰越欠損金の可能枠の減少です。

この改正は資本金が1億円以下の法人、設立後7年以内の法人などは対象外となります。

平成27年4月1日から平成29年3月31日までに開始する事業年度においては、

繰越欠損金の可能枠が所得の現在の80%から65%へ減少するようです。

また、平成29年4月1日以後に開始する事業年度においては、

繰越欠損金の可能枠がさらに減少し、所得の50%となるようです。

次に2つ目は、

繰越欠損金の利用期間が延長になりました。

平成29年4月1日以降に開始する事業年度に発生した青色申告の欠損金の繰越控除が現行の9年から10年へと延長になります。

これに伴い、更正の請求の期間が10年へ、帳簿の保管期限が10年へ延長になります。