平成26年の確定申告が近づいてきました。

今年の経費に関しての消費税の確定申告の注意点について説明してます。

今年の確定申告は、4月から消費税が5%⇒8%に上がり、

消費税の納税事業者の方は、納税額が大きくなることが予測されます。

消費税の金額なんてあまり知りたくないかもしれませんが、

早めに消費税の金額を計算し、資金のご準備をされることをお勧めします。

今年の消費税の確定申告の期限は平成27年3月31日です。

平成27年3月31日に納める消費税は、所得税の確定申告時までに計算することができれば、

平成26年分の所得税の確定申告の経費にすることが出来ますので、早めに今年の消費税の金額を計算することお勧めします。

前置きが長くなりましたが、次から経費に関する消費税に関しての注意点について説明しています。

基本的には、

平成26年1月1日から平成26年3月31日までの経費は、消費税5%、

平成26年4月1日から平成26年12月31日までの経費は、消費税8%で処理します。

現金で都度支払っている経費については、問題になりませんが、

振込、カード決済などで支払いを行っている経費については、注意が必要です。

例えば、月末締め、翌月末払いの仕入などの経費があるとします。

この場合、3月末締め、4月末払いの支払い分は、消費税5%で処理することになります。

一方、複雑になるのは、月末締め以外の経費の支払いが有る場合です。

例えば、20日締め、翌月15日払いの経費があるとします。

この場合、4月20日締め、5月15日払いの経費については、

3月21日⇒3月31日までの経費については、消費税5%で処理し、

4月1日⇒4月20日までの経費については、消費税8%で処理します。

その他、注意することは、家賃など前払の経費です。

この場合、3月に4月分の家賃を支払います。

3月に支払った家賃を消費税8%で処理する必要があります。

ただ、3月に支払った時に消費税8%処理が会計ソフト上の機能上出来ない場合がありますので、

この場合、4月に3月分の家賃を5%から8%に振替処理を行います。

具体的には、次のような仕訳を4月に入れます。

消費税処理  借方科目  貸方科目  消費税処理 
8%  地代家賃  地代家賃  5% 

そうすると、損益の金額に影響させずに、消費税が正しく処理できます。