freee(フリー)の給与入力などたくさんの科目と複雑な入力のスピードアップに役立つ「定型取引テンプレート」の設定方法について説明しています。

うまく利用できれば、効率化がが図れ、かなりのスピードアップが可能になりますので、ぜひ使ってみてください。

ここでは、毎月の給与の入力の事例でご説明します。

給与の仕訳の入力は、どうしても給与手当、旅費交通費、預り金、法定福利費、未払費用など複数の科目が登場してしまい、会計ソフトの入力に慣れない方にとって高いハードルになってしまいがちです。

決まった科目で形さえ作ってしまえば、考えることなくあとは金額を入力するだけという状態まで作ることが目的です。

イメージがつきにくいと思いますので、ここから具体的な操作でご説明します。

画面上部のメニューバーより「設定」→一番下の「取引テンプレートの設定」をクリックします。

「新規作成」をクリックすると、以下のような画面になります。

テンプレート

 

ここでは以下のような給与計算の場合をベースに定型のテンプレートを作成します。

10月分をベースにし、11月以降は数値の変更があった個所のみの数字の入力を行っていきます。

給与②

この場合のテンプレートは下記のようになります。

グループ名、テンプレート名、ショートカットは使いやすいよう自由に設定してください。

「新しい行の追加」及び「控除・マイナス行の追加」より、勘定科目、品目、金額は下記のように入力、設定してください。

テンプレート①

 

入力後「保存」をクリックして下さい。

これで給与の取引のテンプレートの登録は終了です。

以降は登録した取引テンプレートの利用方法になります。

画面上部の「取引」→「取引を登録」より取引の入力画面からの取引テンプレートの呼び出しになります。

下記「取引テンプレート」の右のボックスをクリックすると、登録したテンプレートの呼び出しができます。

先ほど登録した「給与計算」をクリックします。

テンプレート②

 

すると、下記のように先ほど登録した内容の取引がそのまま表示されます。

日付、毎月変動する各勘定科目の金額を変更し、画面左下の合計が0になっていることを確認して、登録をクリックすれば、終了です。

テンプレート③

取引テンプレートは弥生会計でいうと「伝票辞書」にあたります。

以上のような定型取引のテンプレートの設定は、給与計上以外に、売掛金や買掛金の入力や消費税、減価償却費の入力などに利用できれば、入力の漏れを防止することができ、大幅な効率化・スピードアップが可能になります。

ぜひ試してみてください。