freee(フリー)のついに電子証明書連携アプリがスタートしました。

これまで、電子証明書が必要な金融機関の明細の自動取り込みが出来なかった点が、大きなハードルだと感じていました。

電子証明書が必要な金融機関は非常に多くなってきているからです。

電子証明書とは、インターネットバンキングを利用する際に、セキュリティーを高めるためのものです。

通帳、キャッシュカードの代わりにPCに通帳、キャッシュカードの代わりになる電子証明書を格納し、電子証明書が格納されたPCのみが、インターネットバンキングを利用できるようになります。

クラウド会計、freee(フリー)は、銀行明細の自動取り込みによる、仕訳入力、経理処理の自動化による経理作業の効率化、スピードアップが特徴です。

これまで、一部の金融機関明細の自動化できなかったため、手動でデータの取り込みを行っていたのが、

電子証明書対応により、自動化できる金融機関が増え、経理処理がさらにスムーズになりそうです。

また、これまでMFクラウドのみだった電子証明書対応がはfreee(フリー)も対応し、今後のクラウド会計のシェア争いが一段と楽しみになってきました。