30歳未満の起業予定の方向けに超低金利の創業融資の制度ができました。

30歳未満であれば、起業後7年目まで使えるので、創業時以外の融資でも利用可能です。

国金(国民生活金融公庫)からの融資で、「女性、若者/シニア起業家支援資金」というものです。

経験が少ないと見られがちで融資が難しい若い方の融資を国がサポートし、起業を増やそうという政策に基づいています。

金利が1.00%~です。

かなり低くなっています。

設備資金の場合には、金利が0,5%~

あり得ない金利です。

市や県が行っている創業者向けの制度融資を使っても、保証料を合わせると2%を超える実質利率(利率+保証率)となりますので創業融資でかなり低金利になります。

この融資制度の概要は次のようになっております。
・融資枠:7200万円 (運転資金 4800万円)
・利率
:約1.00%~ (市場金利により変動します。) 設備資金の場合には、0.5%~
・保証料:なし
・自己資金の要件:3分の1

自己資金の要件は、通常の融資制度と同じ3分の1必要です。

600万の開業資金が必要になる場合、その3分の1の200万円の資金の準備が必要です。

自己資金の要件は、創業融資を受ける際に、けっこうな壁になってしまうことがあります。

あまり知られていませんが、自己資金がゼロで受けられる国金の融資制度があります。

これを使うと、金利を1.00%~⇒0.75%~と下げることができます。

くわしくはこちら

初回相談は無料です。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら