最近の新規のご相談で現在の税理士に対する不満を聞く機会増えています。
現在の税理士に対する不満として主に次のようなことが多いように感じます。

専門用語ばかりで言っていることが分からない、
数字の税理士が理解していてもこちらが理解できていないので数字が経営に使えない‥「時間の無駄だから会わない」

・コンサルみたいにエラそうなことを言っている‥「○○だからうまくいっていない、だから○○しなさい」とか言われた

・なぜ資金繰りが悪いのかなど説明がない

・料金が高い‥昔からずっと同じ料金 料金の基準が分からない

・契約時に言っていたこととやってもらっていることが違う

・税金対策に対する提案がない

などなどこれはほんの一例です。

不満があっても顧問の税理士になかなか言い出せない方が多いように思います。

また、仮に解約すると後が怖い‥何も悪いことをしていなくても後で何かありそうな気がする

と思い、なかなか解約できない方もいらっしゃるようです。

そして何より悲しいのが、

もともと税理士に対しての期待が高くないため、これまで解約していないかったこともあったようです。

自分自身今後のサービスの質だけでなく、お客様が理解できていないことを知ろうとすることの大切さ、お客様との距離感など考えるきっかけになりました。

福岡の税理士 佐藤修一公認会計士事務所